Photo Gallery

新たな女の子まゆちゃん。

マッチングアプリを活用して遊んでいる子です。

私は女の子が独身の内に遊ぶのは賛成です。

もちろんリスクなどはしっかり考慮・管理したうえで、ですけどね。

そのへんの話はまた後ほど。

ic0105_s_i.jpg

さて、まゆちゃん。

応募のときにMっぽいこと書いていたのですが、文面からはやや違和感を感じていました。

待ち合わせ場所でお会いした瞬間、「あ、この子Mじゃないな」とわかりました。

部屋で話をすると、本人も「Mだと思っている自分」に違和感があったようです。

SとかMって一括りにはできません。

いろいろなレベルや方向性がありますし、相手との関係や状況によっても変わるからです

もっと詳しく言えばMにもSにも、それぞれ従属的と支配的と2つのタイプがありますが、このあたりは詳しくは書きません。

とはいえ単純化して分けるなら、どちらの傾向が強いかというのが見られるのも、また確か。

まゆちゃんは明らかに「Mではない」子でしたし、私と話しているうちに自分でも納得したようです。

体験も、やってみたいことに没頭するというよりは、いろいろ試してみるという流れでした。

なので、特にMということもないけれども緊縛もしました。

k0166_s.jpg

彼女は体格のわりにおっぱいが大きい細身巨乳でしたね。

男性なら共感できると思うんですけど、おっぱいにきれいに血管が出ているタイプで、とってもエロかったです。

ブログとしては現状バストトップは隠していますが、Twitterではあえて隠さないものを載せています。

それだけ美しかったからですね。

興味のある方はぜひチェックを。

メインアカウントはこちら→@orgasm19

ちなみに初めて緊縛されてみた子って、自分の緊縛姿のエロさや美しさにインパクトを感じる子がほとんどです。

だから興味ない子も一度は体験して、自分の緊縛姿を鏡にうつしてみたり、画像や動画で見てみるといいですよ。

自分の体の意外なきれいさに驚くかもしれません。

k0167_s.jpg

で、まゆちゃんの話に戻りますと。

いろいろ試しつつお喋りもしつつ、という感じでしたが、個人的にはマッチングアプリの話がおもしろかったですね。

彼女はマッチングアプリを活用して、いろいろな男性とデートを楽しんでいるそうです。

人数や、どんな男性と会っているかなどには触れませんが、出会い系やマッチングアプリでもこういうかわいい女子大生は見つかる、ということですね。

出会い系やマッチングアプリを主戦場にしている男性はがんばってください。

出会いに関する記事はそのうち男性向けサイトに書こうと思います、結構先になると思いますが。

今回はそのほかに中イキ開発についての新たなアプローチを試しましたが、彼女はかなり気持ちよさそうでした。

今までイッたことがない子がすぐにイケるようになる、というものではなさそうですが、継続的な中イキ開発にはかなり有効なんじゃないかと思います。

これについてはネット上でもあまり情報がないので、当サイトでいろいろ検証してから記事にしますね。

それから次回の応募受付は4/25(水)にしました。

前に4/26(木)って告知してたかもしれませんが4/25ですので、よろしくおねがいします。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


関連記事
タイトルのとおり次回の応募受付から、ご応募いただく皆さまへの画像についてのお願いを変更します。

今度の土曜の記事に一緒に書こうかと思ったのですが、急遽別途記事にしました。

まずは、これまでの経緯を説明しますね。

もともとブログ開始時は画像はいただいていませんでした。

運営して1年ほど経ったころから、ご応募いただく数が急に増えました。

その中には画像を添付してくださる方もいましたので任意でいただくようにし、さらには必須にさせてもらったんですね。

応募してくれた子たちで言うと、ちはるちゃんは画像なし、次の優菜ちゃんは任意で画像ありでしたので、だいたいその時期ごろから変化してきました。

中いき開発 ちはる

連続でイカされる 優菜

現在では応募時の画像は必須にさせていただいておりますが、どのような画像を送っていただきたいかについて私の説明がよくなかったかもしれず、うまく伝わっていないかもしれません。

そこで、改めて画像を頂戴している理由をお話するとともに、どういう画像を送っていただきたいかを変更します。


■ 今後送っていただく画像について

お手数で大変申し訳ないのですが、今後ご応募いただく際は次のような画像を添付してください。

「マリモさんへ」と書いた紙を持った、表情がわかる直近の自撮り

「マリモさんへ」と書いていただく紙は何でもいいです。

また何か文言を追記していただいても構いませんが、マリモさんへだけでももちろんOKです。

とにかく「マリモ宛て」であることがわかるように、読める文字サイズで何かに書いてくださいね。(読めれば紙じゃなくてもいいです)

表情がわかるというのは、何かで顔を隠さないでほしいということです。

紙や腕、あるいはアプリのスタンプなどで隠れないように気をつけていただけると助かります。

それらをふまえて撮るとなると自然と「直近の自撮り」になると思います。

ちょっとめんどうな変更で申し訳ないのですが、こうさせていただく理由があります。


■ 変更の理由

今回お願いを変更させていただく理由はいくつかあるのですが、そもそも画像を送っていただいているのは「あなたの表情を拝見するため」なんです。

ではなぜ表情を拝見したいかというと、表情からどういう体験になりそうか、ある程度予想ができるからです。

私がこのブログを通した体験でやりたいことは、主要なページに書いてあります。

女の子の外見がまったく関係ないとは言いませんが、別にかわいい子や美人さんとしたいからやっていることではないんです。

「お互いに我慢も遠慮もせず開放的になって、普段はできないようなエロい体験に夢中になり、思いっきり楽しむこと」

何年も変えていませんけれど、私がやりたいのはこれなんですよ。

ご応募いただいた文面や画像を拝見したときも、それが実現できそうな方かどうか、という点をかなり重視して選ばせていただいているんです。

その判断におおきく影響しますので、表情を見せてもらいたいということなんです。

ですが、やっぱり女の子からすれば少しでもよく写っている自分を見せたいようで、直近の自撮りでないものや表情がよくわからないものを送っていただく方がなかなか減りません。

あなたが魅力的な女の子なのは多少写りがよくない画像でもよくわかりますので、写真写りを考慮していただく必要はあまりないんですよ。(まったくないとは言いませんけど)

私が画像を通して拝見したいのは、あなたの外見がどれだけ魅力的かということではありません。

体験で解放的になってくれて、思いっきり楽しんでくれそうな女性かどうか。

今まで見せたことのない一面をさらけ出してくれそうな女性かどうか。

服を脱ぐだけじゃなくて心も裸になってくれそうな女性かどうか。

それを判断させていただきたいんですね。

なので、今後お送りいただく画像に迷いが生じないように、こうした変更にさせていただきました。

次回の応募受付時までには、お問い合わせページなども変更しておきます。

なお今回の変更の対象は、まだ1回も体験していただいていない子です。

前に体験していただいている子、つまりリピート希望の子は直近の様子がわかる画像で結構ですよ。


それで、次回の応募受付は4/25(水)にします。

日付が25(水)になったら受付開始、26(木)になったら締切です。

画像についてのお願い以外には大きな変更はありません。

今回の変更、女の子からするとちょっと(かなり?)面倒だと思いますので、その点は申し訳ないと思います。

実際にやってみて、うまくいかないようならまた考えますので、どうぞよろしくおねがいします。
関連記事
セックスのとき集中・没頭できると感じたりイッたりしやすいということは何年も前から書いていますし、いろいろなメディアでも目にするようになったと思います。

でも集中とか没頭と言われてもピンとこないという子も多いかもしれません。

m0033_s.jpg

たとえば面白い映画を見てあっという間に2時間経っていたとか、読み始めた漫画が楽しすぎて気がついたら何時間も読んでいたとか、そういった「夢中になってあっという間に時間が経過している」状態がいいんですね。

言い換えると「入り込んでいる状態」。

なので、エッチのときに生まれる空気感だったり、設定だったりに入り込みやすい子は感じたりイッたりしやすい傾向にあります。

今回初体験のおからちゃんも、入り込みやすい子でした。

体験女性の名簿用画像を撮影しているときから興奮し始め、性感マッサージのときも体に触れる前から足と腰をモゾモゾと動かすような子でした。

体験のシチュエーションや、これから起きることを想像し、その内容に興奮しているわけです。

しかも積極的に自分から入り込もうとし、それができる子でした。



※動画が修得できない場合はプレイヤー左上のリンクからFC2動画に移動して見てください。

このように状況ややっていることそのものに入り込めると感度は高くなります。

入り込み方やきっかけは何でもいいです。

「こんなことされちゃっている自分」に興奮したり陶酔したりしてもいいです。

特殊なプレイが入り込めるきっかけになることもよくあります。

よく「エッチのときの演技は良くない」と言われますが、男性に誤解を与える演技が良くないのであって、自分自身の気持ちを盛り上げるためにする演技はいいんですよ。

気持ちいいと思い込めば本当に気持ちよくなりますので。

逆に入り込めないとしたら、あるいは途中で覚めてしまうとしたら何か理由があるはずです。

それをクリアできれば解決に向かうこともよくあります。

あなたはどうなのか、ぜひふりかえってみてくださいね。

さて次回の応募受付は4/26(木)の予定ですが25(水)にする可能性もあります。

それと、そのときからご応募いただく際のお写真についてお願いしている内容を少し変えます。

21(土)に記事更新するので、そのときに詳細はあらためて。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


関連記事
※日付が26日になったら今月の応募受付再開です。メールフォームからご応募くださいね。

新たな女の子エリちゃんです。

結論から書くと、この日1日では中イキまでは至りませんでした。

それには理由がありますが、関連して中イキへのアプローチを簡単ですがいろいろと書きます。

ic0080_s.jpg

さてエリちゃんは女子大生。

経験はさほど多くはありませんが、エッチのときにクリイキならできるそうです。

中イキに興味があり、また催眠はじめ全部体験したいということでした。

中の快感もわかるということでしたが、本人いわくイク寸前のところでずっと留まっているような状態でした。

そこを飛び越えるというか突破するコツを掴むのに意外と時間がかかる場合もありますし、かかる子もいます。

それ自体は珍しいことではありません。

彼女の場合は、快感を得られる刺激の種類とポイントがやや偏っていたかなと思います。

どういうことかというと、プレデターワンドを使った時の話。

プレデターワンドは中を刺激するのにおすすめの道具で、強弱の変化は7段階変えられます。

ブログでいうと小百合ちゃんなど、大抵の子は3段階くらいまでが気持ちいいの限度で、それ以上は強烈過ぎると感じる子が多いです。

なので彼女にも3段階目で刺激していたのですが、物足りなくなって「もっと、もっと」と訴えるようになりました。

n0033_s.jpg

マ「もっと?もっとって何がもっと?」

エ「もっと、もっと」

マ「なにがもっとなの?言わなきゃわからないよ?

エ「もっと動かしてください」

エリちゃんは6段階目、つまりかなり強烈な刺激を好むタイプでした。

さらに振動させたプレデターワンドで中の奥を突くことを求めてきました。

逆にいえば、それだけ強烈な刺激でないと、充分に気持ちよくなるのに時間がかかる様子でした。

どのくらい時間がかかるかというと、エリちゃんは電池式のプレデターワンドの最初の電池を空にし、さらに変えた電池もゼロにしてしまいました。

確かにプレデターワンドは電池の消耗がハンパないのですが、それにしても2セットの電池を空にした子は今までいませんでした。

またスイッチを入れて振動させながら中の奥を突くと感じるのですが、その角度もお腹に対して垂直に近い角度を好みました。

まとめると、たいへん強烈な振動で、中をお腹側に垂直に近い角度で刺激するのを気持ちいいと感じ、しかもそれが長時間でも大丈夫な状態でした。

そのときの様子がこちらです。



※動画が再生できない場合はプレイヤーの左上の動画タイトル部分からFC2動画に移動して見てください。

冒頭でプレデターワンドのスイッチを6まで上げてるのわかるでしょうか。

その後、膣の奥のポイントを垂直に近い角度で刺激しています。

でもそれっていわゆるノーマルなセックスで可能な刺激ではないんですよね。

ただ、これは別に彼女のせいというわけではありません。

また他にもいろいろな理由が考えられます。

たとえば私が彼女を無意識的に緊張させてしまっていたことも考えられます。

そもそも「このときはそうだった」というだけで、相手や日が変わればまた変わる可能性も充分にあるわけです。

女の子の性感帯や感じ方は1人1人違いますし、もっといえば毎回違います。

また多くの女性がいまだに誤解しているのですが、世界的にみても毎回イケるという女性は少ないんです。

2015年に書いた「女性がイクとは?オーガズムに関する記事まとめ」でも触れています。

ましてや中イキとなれば、言わずもがななんですね。

なので中イキにはまず自分の心を体をよく知ることも大事なんですよ。

体験ではその他、今後彼女にどんなアプローチが考えられるかも伝えました。

箇条書しますね。

【フィジカル面】

・弱い刺激でも強い刺激と同じくらい感じられるように変えていく

・膣内の他の箇所でも同じように感じられる場所を広げていく

・角度を緩くしても感じられるように変えていく

・さほど動かさなくても感じられるように変えていく

【メンタル面】

・解放

・没頭

【テクニック面】

・息を吸って止めて限界で吐く

・思いっきり力んで限界で一気に力を抜く

【その他】

・時間をもっとかければ違ったかもしれない

・保留性交(挿れて動かさないとか、いわゆるポリネシアンセックス系)をやってみたら違ったかもしれない

・普段のオナニーをクリ刺激型ではなく挿入型・中刺激型に変えてみるといいかもしれない

当日伝えられなかったものも含めて、とりあえずこれくらいかな。

彼女に「箇条書きで書いとくよー」と約束したので、こんな感じです。

それぞれの詳細はブログのどこかに書いてあるはずです。

なので詳しく知りたい方は時間のあるときに読んでくださいね。

さて次回の応募受付ですが、3/26(月)にします。

受付期間は24時間ですので、日付が26になったら開始、27になったら終了です。

今回は4月のどこかで体験希望の女性、1~2名を募集します。

応募方法は「初めての方はこちら」「プロフィールとQ&A」「お問い合わせ」「個人情報保護方針」などをお読みいただいたうえでご応募くださいね。

応募条件などについて、基本的には前回からの変更はありません。

ただ先週木曜から急激にブログへのアクセス数が増えまして、もしかすると今回以降応募してくれる女の子が増えるかもしれません。

倍率が高くなってしまったらごめんなさい。

それと男性向けサイトを利用していただいている皆さまへ。

こちらのブログアクセス数は急激に回復しましたが、今後どうなるかわからないので現状こちらに注力します。

すみませんがあちらの特典サイトのほうは、将来的には必ず充実させますので、しばらくお待ちください。

ノーマルサイトは記事の一部をこちらにリサイクルしたうえで需要の高い記事を中心に方向性を変えたサイトにします。

最後に。

今年から徐々にツイッターも力を入れ始めています。

ブログにはない画像や動画を載せる、または先行公開するなどの予定もありますので、フォローするなり非公開リストに入れておくなりしてくださいね。

ツイッターはこちら @orgasm19
関連記事
リングギャグとは口枷の一種で、リング(輪っか)状の形状をしています。

ボールギャグは何度か登場していますが、リングギャグは初めてかと思います。

ちなみにギャグとは口枷、猿轡を意味します。

ボールギャグとリングギャグ、形状は違いますが、基本的な目的は似ています。

k0163_s.jpg

ギャグ系のプレイ効果はだいたいこの3つ。

・拘束感を与える

・言葉を奪うことで被支配感を味わわせる

・強制的にヨダレを垂れさせる羞恥プレイ

ただし異なる点もあります。

ボールギャグは舌に刺激を与えられるため唾液の分泌を促しやすいです。

いっぽうリングギャグは穴が空いているので、そこに男性のアレを突っ込むことができれば強制的なフェラができます。

ですので目的とするプレイによって使い分けるほうがいいですね。

みこちゃんはドMということだったので、リングギャグを使ってみました。

ただし今回使っているのは初心者向けサイズであまり大きくないので、穴にアレを突っ込むのはできません。

(男性によっては可能かもしれません)

ちなみにボールギャグもリングギャグも、おそらく初めてやってみると意外とヨダレが出ないことに気がつくと思います。

女の子に羞恥心を味わわせたいなら、一工夫必要ですね。

個人的には専用の形状をしたギャグが欲しいところ。

k0164_s.jpg

この他にもバイトギャグといって棒を噛ませるタイプのギャグもあります。

いずれも女の子の顎に意外と負担がかかりますし、人によっては長時間つけていると気分が悪くなることもありますので、様子を見ながらプレイするのが安全です。

女の子にやるプレイは可能な限りまず男性が自身の体で試すべきだと思います。

私の場合、可能なものは全部試しています。

ちょっとここには書けないようなことも、です。

そうして確認したうえでも、実際にやると女の子に負担感を与えてしまうことがないわけではないので、どんなプレイをやるにしても慎重に越したことはありませんよ。

さてボールギャグですが、こうしたプレイに憧れる女の子は多くはありませんが、ゼロでもありません。

当ブログだと、たとえば奈々ちゃんは当初からボールギャグプレイに憧れを抱いていました。

エッチで楽しめたことがない 奈々

どんな行為に興奮するかは経験による影響が大です。

また古い経験を上書きすることで変えることもできます。

なので、この記事を見て今は興奮しない子や引いている子も、将来こうしたプレイに興奮する体質になってしまう可能性は充分にあるということなんですね。

k0165_s.jpg

そして、特定の刺激に対する条件反射を形成するプロセスが「調教」なんです。

たとえばボールギャグやリングギャグに性的興奮を感じるような条件反射を作るのが、調教と呼ばれる行為です。

そうした条件反射が作られてしまえば、あなたも立派なドMにさせられてしまうというわけです。

なので誰とどんなエッチをするかはとても重要なんですよ。

また調教とは何もSがMに行うとは限りません。

彼氏がMで、ノーマルな彼女が調教されてSに目覚める、といったことも実際にあるわけで。

もっと言えば、一見SMっぽくないプレイでも調教は成立します。

「特定の条件反射を形成するプロセス」が調教です。

特定の条件反射にはどういったものが当てはまるか、それを形成するプロセスにはどういったものが考えられるか。

いろいろ発想してみてくださいね。


そうそう、忘れていました。

次回の応募受付は今月26日から29日のいずれかの予定です。

26または29の可能性が高いです。

また近くなったらTwitterでも案内しますね。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


関連記事

WHAT'S NEW?