Photo Gallery

新たな女の子、唯ちゃんです。

東京への旅行のスケジュールに合わせて、体験に来てくれました。

人より性欲が強いという自覚があり、子供のころからほぼ毎日オナニーしているそうです。

オナニーはクリ派で、中の気持ちよさはまだよくわからない段階。

やってはいけないオナニーに当てはまるやり方をいくつか続けていたため、ブログを見てそれらはやめたそうでした。

ic0123_s.jpg

はじめての相手は私と同じくらいの年齢の男性でしたが、あっさり終わってしまって期待はずれだったとか。

エッチを楽しみたい、エッチに対する価値観を変えたいと応募してくれました。

当日いろいろ試してみたところ、性感マッサージは気持ちよかったようですが、催眠は今回はあまりハマりませんでした。

緊張していたでしょうし、なんだかんだ気になることがあったようです。

ただ中の気持ちよさは、ずいぶんわかるようになってきたとのこと。



これ中の快感を開発中の様子です。

リアクションは控えめですけど、感じているのはよくわかると思います。

そうそう、唯ちゃんはじめ、このところ上京組の子が続いているんですよね。

ここしばらくは私のスケジュールがあまり自由ではないので、どうしてもスケジュールが合う方優先になります。

特に土日がしばらく厳しいので、なかなかタイミングが合わないという方もいらっしゃると思います。

いずれまた状況が変わると思いますので、お待ちくださいね。


●初めての方は、>初めての方はこちらからをお読みください。

●限定記事に興味のある方は、>限定記事についてをお読みください。

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


体験に来てくれたときは、まだ男性経験がなかった、ちいちゃん。

処女とはいえ挿入型のオナニー経験は豊富だったので、処女喪失はスムーズでした。

特に痛みも出血もなかったので、終わった後にシーツを確認して、ちょっと残念そうにしていたのが印象的でした。

n0041_s.jpg

処女の子って初めてのときは、痛みに対する懸念や不安などがあると思うんですけど、あまり気にしすぎるのもどうかと思いますよ。

ちぃちゃんのように挿入型のオナニーで慣れていれば、痛みなどを感じる確率は大幅に下がりますから。

ではどうやって彼女が挿入型のオナニーをするようになったかというと、好奇心に負けて自分の指を入れてみたところから始まりだそうです。

同じようにオナニーのときに試しに入れてみたら入っちゃった、という子は意外といます。

まず自分の指を入れてみるっていうのは、慣れるための有効な方法の1つですね。

とはいえ、自分もやってみようと試したけれど恐怖心からブレーキをかけてしまう、あるいはなぜかうまく指を入れられないといったケースもあります。

そのときは無理に挿れようとはせず、アソコをほぐすようなマッサージからはじめてみるのもいいと思います。

あとはアソコ周辺を普段から観察すること。

どこがどうなっているのかよくわからないから、自分の体なのに自分で触れるのが怖い、ってこともあるんですよね。

で、その怖いって気持ちこそが痛みの原因になっていることも少なくないんです。

だから、それを減らすためにも自分の体をよく知ることって重要なんですよ。

"幽霊の正体見たり枯れ尾花"じゃないですけど、知れば「なーんだ」って思えるようなことって、エッチでもたくさんあります。

見て、聞いて、学ぶことって大切です。

それで、その恐怖心の部分で一番大事なのが、相手との信頼関係。

「たとえ痛くても、この人なら体をお任せしてもいいや。」と思えるかどうかって、すごく重要です。

だから初めては、見知らぬ他人じゃないほうがいい場合も結構あるんですよね。

処女喪失サポートをやっている男性を批判するつもりは全く無いですけど、女性の立場に立って考えたときに、果たして利用する必要がどれだけあるのかなーとは思います。

さて、ちぃちゃんが処女喪失したときの様子がこちら。



彼女は挿入型のオナニーで慣れていたうえに性感も開花していたので、こんなふうに気持ちよくなれました。

別に私がうまいからじゃないですよ。

言い換えれば、まだ処女の子も自分の育て方次第で、はじめてのときでもこんなふうに痛みを感じず気持ちよく卒業することもできるんですね。

なので、「誰か上手そうな人に頼ろう。」と考えるよりも前に、自分の体を自分の手で育ててみてくださいねー。

さらに言えば、それは処女の子に限った話ではないですよ。

どんなオナニーをすればいいのかは、たとえば>エッチで感じたりイッたりするための一人エッチのやり方などを参考にしてくださいね。

さて来週は今年最後の記事ですが、去年やらなかった振り返りや、お知らせの内容です。

12/29はお休みで、新年の更新は1/5または1/12からです。

それから次回の応募受付再開は1/25前後の予定です。

2月のどこかで体験したい方、1~2名様とお約束を考えています。

いずれもスケジュールが決まったら>Twitterでお知らせします。


●初めての方は、>初めての方はこちらからをお読みください。

●限定記事に興味のある方は、>限定記事についてをお読みください。

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


前から読んでくれている方はご存知でしょうが、イキまくりかえでちゃん。

正常位で何度も中イキしているときの様子です。

このあとで彼女の最初の記事、体が勝手にイキ続ける かえでに繋がります。

といっても、勝手にイキ続けるモードには体験前半のうちからなっていたんですけどね。

n0040_s.jpg

彼女は応募してくれたときはエッチでイッたことがない状態でしたが、体験でここまで到達できました。

イッたことがない・中イキできないといった子も、人によってはちょっとしたきっかけや短い期間でガラッと変わることもあります。

いっぽうでなかなかイケるようにならない、膣オーガズムがわからないといった子もいます。

でも焦るのはよくないですし、悲観的になる必要もないです。

感じやすさイキやすさには個人差があることが判明しているので、もしあなたがイキづらいタイプだったとしてもネガティブになるのは損です。

以前から書いていますが、オーガズム能力は優劣の差ではなく、向き不向きです。

そして「能力」なので、ある程度まで高めることは誰でも可能なんです。

そのためのヒントはブログのあちこちに書いているので、ぜひ参考にしてくださいね。

最後に動画です。



ちなみに勝手にイキ続けるモードになると、おもしろい現象が起きることがあります。

特に催眠を使っているわけでもないのに、特定のキーワードに勝手に反応しオーガズムに達する、というものです。

かえでちゃんの場合、「いく」というワードを聞いただけで体が勝手にオーガズム反応を示す現象が起きました。

たとえば全然関係ない話の中で、「どこどこ(場所)に行くとさ・・・」の『いく』に反応して体がイッてしまう、ということです。

女の子の体って不思議ですよね、ほんと。


さて次回の応募受付ですが、今月26日(水)です。

日付が26日になったら再開、27日になったら締め切らせていただきますね。

今回は10月のどこかで体験したい方、お2人とのお約束を予定しています。

今回は土日はダメなので、土日しかお約束できない方はすみません。

あいかわらずスケジュールがあまり自由ではない状態で申し訳ないです(´・ω・`)

来年には多少余裕が出てくると思います。

応募条件などに大きな変更はありません。

お手数ですが、下記主要ページをお読みいただいてからご応募くださいね。


●初めての方は、>初めての方はこちらからをお読みください。

●限定記事に興味のある方は、>限定記事についてをお読みください。

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


WHAT'S NEW?