Photo Gallery

リモコンバイブの動画です。

デジ一の動画機能で撮ったので暗くてすみません。

とりあえずスイッチを入れたら動いているのは音でわかると思います。

あと感じて微妙にモゾモゾしたりピクッてなったりしているのも。




ただ撮影の最初のほうだったので女性も緊張していますから、あまり感じていないのも確かです。

まあAVみたいにビックンビックンするのも、普通はあり得ませんけどね、リモコンバイブでは。


女性って、ていうか男性もですけど、過度に緊張していると感じたり興奮したりするどころじゃなくなります。

感じたりイッたりしにくい、今まで絶頂に達したことがない、といった女性は緊張しやすいタイプが多かったりします。

あとは精神的なプレッシャーとかコンプレックスとか。

なので、緊張やプレッシャーやコンプレックスを感じなくて済む相手としたほうが、かえって感じたりイッたりしやすい場合もあります。

絶頂に達する方法の1つは、緊張やプレッシャーやコンプレックスなどをなるべく感じないで済む相手とエッチすることです。

「旅の恥はかき捨て」ってことですね。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
リモコンバイブの画像で紹介した改造型リモコンバイブ。

実際に着用した画像が、これです。

r0002.jpg


オルガスター部分を挿入し、下着を履いて、左腰に受信機を引っ掛けてあります。

受信機からオルガスター部分に伸びたコードが、左足の太ももに垂れているのが見えると思います。


リモコンバイブで一番注意したいのは、いつの間にか抜けてきてしまうことです。


以前、SUPER飛びっ子3というリモコンバイブを装着させて新宿を散歩していたところ、歩いているうちに徐々に抜けてきて、落ちそうになってしまいました。

それから、これは知り合いの女性の体験談ですが、リモコンバイブを装着しながら仕事をしていた(させられていた)ところ、うっかり床に落としてしまったと。

周りにバレてしまったのですが、諸事情により問題にはならなかったそうですが。

その女性の仕事や正体がバレてしまいかねないので、これ以上書けません。


ですのでリモコンバイブを使うときは、下着に注意です。

特に生足の場合は、リモコンバイブを下着だけで押さえることになります。

ですからリモコンバイブで遊ぶときは、最低でもフルバックタイプの普通のデザインのパンツがおすすめです。

ストッキングを履けば、まず問題はないんですけどね。


またボンデージのレザーパンツやバイブ固定ベルトなどを使えば、より確実です。

ただ一般的には、そこまで用意する必要はないと思います。

抜けないようにするだけならレギンスなどを履いてしまう、あるいはジーンズスタイルにするのもありです。

まあ、見た目があまり色っぽくないですけど。


受信部は、パンツの横に挟んで引っ掛けるのが一般的です。

場合によってはスカートやジーンズのウエストに挟むこともあります。

ぱっと見は他人から見てもわかりません。

ただタバコの箱くらいの大きさはあるので、注意して見ると受信部が出っ張っているのが服の上からでもわかることがあります。

ワンピースや薄い生地のスカートなどの場合は、ちょっと注意したほうがいいかもしれません。

まあ、リモコンバイブの受信機が服の上からでもわかってしまうというのは、ある意味では羞恥プレーかもしれませんけどw


あとはガーターベルトなどで太ももの内側に受信機を装着する方法もあります。

こちらのほうが、目立たないかもしれません。

ただミニスカートとの相性がよくないのが難点かもしれませんね。


最近は、動く部分と受信部分が一体化したリモコンローターもあります。

そういったものなら、受信機をどうするかの心配はありません。

ただボタン電池使用のリモコンバイブは、あまりお勧めできません。

パワーが微妙なものが多いので。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
リモコンバイブ。

マリモが好きな、女性が絶頂に達する方法のなかでも、もっともマイナーなジャンルだと思います。

というより世間的には、リモコンバイブ単体にフィーチャーすることが、あまりないのかもしれませんね。

ですから、マイナーというよりニッチといったほうが正しいかもしれません。


試しにGoogleで検索してみました。

催眠・・・39,600,000 件

性感マッサージ・・・5,180,000 件

緊縛・・・12,000,000 件

電マ・・・16,900,000 件



リモコンバイブ・・・2,160,000 件



リモコンバイブは、この中では一番少ない検索結果。

やっぱニッチですねー。

でも個人的には、リモコンバイブプレーが好きです。

実は催眠、性感マッサージ、緊縛 拘束、電マのどれよりも、まず最初に始めたことですから。


「リモコンバイブって何ですか?」

という女性のために、普通のローターやバイブを知っているという前提で説明しますね。

一般的なローターやバイブは、動く部分とスイッチ部分は一体型になっているか、間がコードで繋がっています。

リモコンバイブは、スイッチ部分と動く部分は別々になっていて、ワイヤレスリモコンでオン/オフができるようになっています。


スイッチ部分は男性が持ち、動く部分は女性のアソコに装着します。

そして服を着て、街中に出かけます。

駅前を歩いているとき、駅のホームで電車を待っているとき、電車に乗ったとき、途中でコンビニなどで買い物をしてレジで会計しているとき、カフェやレストランで注文が運ばれてきたときなど。

タイミングを見て男性がスイッチを入れると電波が飛んで、その電波をキャッチした動作部分がヴィィィィ…ィィンと動き出します。

ローターやバイブを使った、あるいは使われたことがある女性は想像してみてください。

あの感覚が、周りに人がいるところで突然襲ってきます。


いつスイッチを入れられるか、ローターやバイブが動き出すかわからないドキドキ感。

動き出したとき、人前でこんなことをしているという非日常感から、普段より増幅される快感。

声を出したり変な動きをしたりしたら、バレちゃうんじゃないかという緊張感。

それらが、女性を襲ってきます。


昔はリモコンバイブの種類って、本当に少なかったんですよ。

今では、だいぶ豊富になりました。

ただ大半は、厳密に言えばリモコンバイブではなくて、リモコンローターです。

このブログでは、リモコンバイブのほうが言いやすいので、それで通します。

ちなみに、今使っているリモコンバイブの画像を用意しました。

r0001.jpg


左側の小ぶりな箱が、リモコンスイッチです。

男性の衣服のポケットの中に入れたまま、コッソリ操作しやすい大きさです。

この機種はオン/オフしかできませんが、最新型ですと強弱や振動のパターンが何種類も変えられるものもあります。


中央の四角い箱がバッテリーケースと受信機です。

画像では隠れてしまっているのですが、バッテリーケースに強弱切替スイッチがついています。

バッテリーケースの中には単三電池が2本入っています。


コードの先についているのがローター部分です。

実はこのリモコンバイブ、特殊形状のバイブとリモコンバイブを組み合わせて作ってあります。


用意するのは、オルガスターとパンツでラジコンくん。

オルガスターの根本のローターは、引っ張ると簡単に抜けます。

そこに、パンツでラジコンくんのローターを入れるだけです。


ちなみにパンツでラジコンくんは、初期型の飛びっ子2とまったく一緒です。

色がグリーンからピンクに変わっただけです。

ですからこの改造は、初期型の飛びっ子2を持っている人、あるいはSUPER飛びっ子2や3を持っている人なら多分できると思います。

逆にローター部分が大きすぎたり、小さすぎたりすると、うまくいかないと思います。


オルガスターは多くの女性にとって気持ちがよく、かなり好評の人気のアダルトグッズなので、使ったことのある女性も少ないくないと思います。

それをリモコンバイブ化したんですね。

オルガスターを挿入して、街中に出かけて、さまざまな場面で突然スイッチが入ることを想像してみてください。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?