Photo Gallery

被暗示性って、簡単に言えば催眠のかかりやすさです。

個人差があって、高い人ほど催眠にかかりやすく、またいろんな体験ができます。

催眠 体験談 派遣社員の派遣社員の子や、催眠 体験談 派遣OLの派遣OLの子らは、被暗示性が高いほうでした。

ただ、同じように会員制の某お店に遊びに来ていた別の女性は、全くダメでしたね。


元カノの1人も、被暗示性はひじょうに高かったです。

ですから催眠にかかりやすく、またインストールした暗示がはっきりと現れやすいタイプでした。


彼女の場合、最初は電話で催眠をやりました。

※現在は電話での催眠はお断りしています。

最初は、あまり会う気はなかったようなのですが、何度かメールでやり取りしたり話したりしているうちに、実際に会って催眠を体験することになりました。


横浜駅で待ち合わせて、広くておしゃれなカラオケボックスに移動しました。

最初は、グーにした手が開かなくなる、立てなくなる、座れなくなるといった軽い内容からスタート。

食べ物や飲み物が運ばれてきたら、それらの味を好みの味に変えます。

それから記憶を操って数字や自分の名前を忘れさせたり、おかしくて笑いが止まらなくなったり。


そう、この笑いが止まらなくなるものや、悲しくて泣いてしまうもの。

普段100パーセント出せない感情を開放させるだけでも、すごくストレス発散になります。

そういう点でも、大声を出しても問題ないカラオケボックスは向いていますね、催眠に。

シティホテルとかだと、意外と室内の声が外に漏れるので、あまり向いていない場合があります。


で、もちろんエロ催眠もやります。

まずは腕をバンザイさせてから手首を重ねて、取れない暗示をインストール。

そうして壁にピッタリ腕をくっつけたら、壁からも取れない暗示をインストール。

こうすると、どんなに頑張っても腕は自分の意志では動かせません。


次に、脚が左右にガバーッと開いてしまう暗示をインストール。

デニムのミニだったので、脚を開いてしまったらパンツが丸見えです。

その時の彼女はレディースのボクサーパンツを履いていたので、さほどエロい絵面ではありませんでした。

が、本人は恥ずかしくてたまらなかったようです。

顔を真っ赤にして、何とか脚を閉じよう、腕をおろそうと頑張っているので、聞いてみました。

「腕と脚、どっちを元に戻して欲しい?」

「脚!」

すかさず彼女が答えたので、脚は閉じられるようにしてあげました。


その後、なんやかんややったと思うのですが、ひととおり室内での催眠は終えました。

お店を出ても催眠状態は続いているので、暗示をインストールすれば反応する状態です。

ビルの影で、歩くと感じてしまう暗示をインストール。

歩き方がおかしくなります。

徐々に内股になり、膝も少し曲がり、下を向きながらヨチヨチ、よたよたと歩きます。

「そろそろ(催眠を)解こうか?」

「だい・・・じょうぶ。」

と最初は答えていたのですが、5分も歩くと

「・・・あー、でもそろそ・・・ろ、解い・・・・てほし・・・い、かも。」

とギブアップ。


その後、ランドマークタワーに移動したところで、マリモがトイレに行きたくなりました。

タワー内の吹き抜けの近くにあるベンチで待っていてもらう間に、ある暗示をインストールしました。


着ている服が全部消えて全裸になってしまう。

途端に焦ったような、困惑した表情を見せ、腕で胸を隠し、脚をギュッと閉じ、背中を丸めてうずくまります。

そのままマリモはトイレに。

しばらくして戻って声をかけると、ちょっとホッとしたような表情を見せたのですが、顔は真っ赤です。

そこで催眠を解いてあげました。


実は結果的に、これが彼女との初デートとなりました。

甘くて楽しく、エッチな催眠デート。

催眠が使える人としか経験できない、貴重な体験ですね。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
昔のエロ催眠の体験談です。

今回は、30歳のOLの方にエッチな催眠をしたときの話。


最初にmixiで連絡をいただきました。

当時はmixiが今ほどアダルトに厳しくなかった時代でした。

マリモが日記に書いていた内容も、エッチな催眠やエロ催眠ばかりだったんですけどね。

それを読んで、連絡してきてくれたと。


この方が印象に残っている理由があります。

「催眠を教えて下さい。」という希望だったからです。

実際に体験しつつ、またやり方を教えて欲しいということでした。


何度かやり取りをした後、実際にお会いしました。

20代半ばくらいにしか見えない、cancamなどの赤文字系雑誌風のファッションをした、かわいらしいOLさんでした。

催眠を教えるということでお会いすることになったので、マリモのことを

「せんせい」

と呼んでいましたね、お会いしたとき。


個室居酒屋を予約しておいたので、そこで飲んだり食べたりしながら、催眠の説明から入りました。

そして催眠のやり方を教えながら、実際に体験してもらいました。

いつも、誰に対しても、最初は普通の催眠から入ります。

そこから徐々にエロ催眠に移行します。

個室居酒屋では、腕が動かなくなる、立てなくなる、食べ物がおいしくなる、飲み物のアルコールが強くなる、といった定番の催眠をやりました。


そうそう、催眠状態では食べ物や飲み物がめっちゃ美味しくなります。

脳がそう認識するようになります。

エロ催眠をやるときでも、飲んだり食べたりしながらやることがほとんどなので、これは誰に対してもやりますね。

食べ物や飲み物が美味しくなると、女性は喜んでくれます。

アルコール度数を高くすると、早く酔っちゃいますw


で、その後カラオケに移動して、エッチな催眠をやった記憶はあるんですが・・・

うん、スカートは履いたままパンツを脱がせて手マンしていた記憶があるぞ。

感度を上げたり性感帯を移動させたり増やしたりした流れで、そうなったんでしょう。

本来は、本格的にエッチなことはホテルでするんですが。


普通はエッチな催眠やエロ催眠、ましてや普通の催眠を人に教えることはしていません。

エッチな催眠 エロ催眠 きっかけでも書いたように、マリモ自身は教わらずに催眠を身につけました。

ですので皆さんも、わざわざ習わなくともできると思っているからです。

特に男性、高いお金払って習いに行くのは、自分で学んでからでも遅くはないですよ。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
ざっと見てみると、性感マッサージカテゴリーの記事数がダントツで少ないですね。

ですので、性感マッサージの体験談をいくつか載せます。

といっても体験談の内容的には、実は性感マッサージって一番変わり映えしないんですよねー。

ですので、基本的な流れと合わせて書いてみます。

あなたが、ここでの性感マッサージを体験するときは、だいたいこんな感じなのかと想像しながら読んでくれれば。


緊縛電マ動画などの一連のOLさんの撮影のときに、本当は性感マッサージもやるつもりだったんです。

オイルもばっちり用意しておいたのですが、都合上延期することになってしまいました。

性感マッサージ、性感アロママッサージに興味のある女性は、ぜひお問い合わせください。

オイルは自前で、毎回新しいものを作ります。

ベースとなるキャリアオイルは食べてもまったく問題ないものです。

そもそも本来食用のオイルですので、女性の体に使っても安心です。

事前にアレルギーの有無を聞いたうえで、パッチテストをして使います。

またオイルが使えない場合でも、使わない方法で性感マッサージができます。


今回は、初めてお店で性感マッサージをしたときの話です。

女の子は、後々催眠カテゴリーの体験談でも登場する(予定の)20代前半の派遣OLさん。

小ガッキーな某派遣OLさんとも知り合いで、あるお店の常連でした。

ちなみにマリモは常連ではありませんでした。


このときは、まだアロマオイルマッサージは取り入れていませんでした。

そのためベビーパウダーを利用して性感マッサージをやっていましたね。

確かアダム徳永さんのやり方を真似していたと思います。


某店のフロアにマットレスを敷いて、派遣OLさんに全裸でうつ伏せに横になってもらいます。

このときは室温が高かったので何もしませんでしたが、マッサージする部分以外はタオルなどを掛けることもあります。

女性の希望によっては下着をつけたまますることもあります。

ですがマッサージオイルやベビーパウダーが付いてしまうので、あまりおすすめはしません。

また性感マッサージをやる場合は前日の夜に爪を切っておき、当日の直前には手を洗って乾かします。


まずは派遣OLさんの左足、ふくらはぎから下の部分だけにベビーパウダーをはたきます。

きめ細かい粉が肌に降り注ぎ、うっすらと白く肌を飾ります。

マリモの指先を、女性の肌に触れるか触れないかくらいの微妙な圧で乗せます。

ゆっくりと、電気のメーターの回転よりも遅いくらいゆっくりと、肌の上を回しながら撫でていきます。


まずは、かかと~アキレス腱~ふくらはぎのエリアを、足の内側も外側も、まんべんなく撫で回します。

マリモの指先に、もしピンクのインクがついていたとしたら、マッサージが終わる頃には全身がピンクになっている。

それくらい隙間なく、綿密に撫で回します。


左足の膝から下が終わったら、今度は膝裏~太もも~お尻の下のエリアに移ります。

ここも同じように、フェザータッチでスローに隙間なく撫で回します。

太ももまで終わったら、様子を見ながら足裏もマッサージすることもあります。

まったく興奮していなければ、足裏はくすぐったいだけの場所。

でも興奮してくれば、くすぐったい場所は全て性感帯に変化していることが少なくないからです。

例えば催眠で、足裏をクリトリスにして歩くと感じてしまうように。


左足が終わったら、次は右足。

同じように細かくエリアを分けて、パウダーをはたく→産毛を撫でる程度のソフトタッチで撫で上げる、をくり返します。

ほとんどの女性は、うつ伏せで足をマッサージし終えた段階で、感じて濡れています。

この派遣OLさんは、とっても感度がよかったので、もっと前から感じて喘いでいましたけれど。


足が終わったら、次はヒップ~腰回りです。

このエリアはエッチになってしまうツボ、興奮するツボ、感度が上がるツボなどがあるとされています。

だからでしょうか、感じて勝手に腰が浮いて、無意識に動いてしまう女性も多いですね。

「ほら、まだ我慢して。動かすとマッサージできないよ。」

なんて言うこともあります。

あるいは事前に「どんなに感じても絶対に体を動かしちゃダメだよ。」と言っておいて、動かしたら「なに動かしてるの。ダメだって言ったよね?」なんてイジワルすることもあります。


ヒップ~腰周りが終わったら、次は背中~肩~首すじ~腕です。

オイルマッサージの場合、どうしても髪がオイルに触れてしまいます。

使っているオイルは髪にも無害、ていうかヘッドマッサージにも使われるのでむしろいいオイルです。

けれども髪型をバッチリ整えている場合、崩れてしまうことは否めません。


このときはオイルを使わないマッサージでしたので、そのままベビーパウダーでマッサージしていきます。

パウダーマッサージの場合は、髪につかないように背中の真ん中あたりに落としたものを伸ばして使います。

体全体の約半分、うつ伏せでマッサージできる範囲が終わった段階で、この派遣OLさんの場合は充分感じています。

どれくらい充分かと言えば、普通のエッチなら挿入しちゃってもいいくらいです。

ただ、このときは挿入はしませんでした。

そもそも性感マッサージはまだ終わっていないので、「仰向けになって。」と言って仰向けになってもらいます。


仰向けになったら、また足からスタートです。

膝から下のエリア~膝から上のエリアと、うつ伏せのときと同じようにていねいに、まんべんなくマッサージします。

その次は骨盤周りになりますが、ここでは女性のアソコには触れません。

股間のアソコの周りは、マッサージしたり振動させたりはしますが、直接は触れないようにします。


そのままアソコ周辺には触らずに焦らしておいて、お腹エリアのマッサージに移ります。

このお腹、特におヘソの下の奥は太陽神経叢と呼ばれる大切な神経群があります。

丹田とかチャクラとかいう話になるのですが、ややこしいことは省きます。

ようは、そこを刺激すると体の調子が整いリラックスできます。

ですので他のエリアとはちょっと違い、性感マッサージよりもややヒーリングマッサージ寄りになります。

また、ここで下腹部を刺激しておくことが、後々に活きます。


お腹まわりが終わったら、次は上半身です。

バスト周辺も、エッチになるツボなどが点在していますので、じっくりマッサージします。

またツボ部分は軽く指圧するようなイメージで圧力をかけることもあります。

鎖骨周り~腕まで終わったら、全身の性感マッサージはひととおり終了です・・・

が。


実は、この先があります。

この派遣OLさんはエッチに積極的で、感度も高くイキやすい体をしていました。

だから当時の私でもできたことですが、アソコに触らずに連続でイかせるマッサージに移ります。


何をやるかというと、子宮周辺の筋肉を振動によって揺らして絶頂に達する方法です。

イメージとしては、振動を下腹部を通して子宮に送り込む感じでしょうか。

お腹を手で揺すったり、さすったりして絶頂を引き起こすように誘導するんですね。

クリイキだけではなく、中イキというか子宮イキというか、またちょっと特徴的なイキ方ができます。


これがハマると、お腹の奥に振動を感じること全般でイケるモードになります。

このときは、派遣OLさんをいろんな姿勢にさせて、お腹を揺らして何度もイカせました。

最後は立った状態で背後から抱きしめながらお腹を揺さぶると、大声でイッて崩れ落ちてしまいました。

これを見ていて、「男として尊敬します。」と言われたのは、確か女性向け性感マッサージ きっかけで触れたと思います。


これが本格的に性感マッサージを始めたときの体験談でした。

実験台になってくれた派遣OLさんには、今でも感謝しています。

ちなみに催眠 体験談 派遣OLさんで登場する女性と同一人物です。

いかがでしょう、なんとなくイメージはつかめたでしょうか。

いずれ画像や動画を撮影して掲載できれば、より伝わるかと考えています。


●女性のための性感マッサージについての総合ページはこちら>>女性用性感マッサージ

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?