Photo Gallery

ミズキさんの続きです。

お風呂に入ってもらっている間にカメラの用意をしたんですが、どーもこの部屋暗くてですね。

まあレンズとかライト用意すれば明るく撮れるんだろうけど、一眼レフでの撮影もブログ開始と同時に始めた初心者なんです。

しかも、このブログ以外ではまったく使っていません。

そんなカメラにも慣れていない状態なのに、機材だけいろいろ揃えるのもどうなのかなー、というのがありまして。

お風呂からあがったミズキさんにテストモデルしてもらうと、こんな感じです。

暗いっしょ。

m0010_s.jpg

m0011_s.jpg


カメラ位置を決めて、まずは性感マッサージをスタートします。

今回はミズキさんの希望で、オイルもパウダーも使わずに、指で素肌を触るか触らないかくらいの微妙な力加減で撫でる、一番ベーシックなマッサージをしました。

動画は後日公開しますが、性感が未開発の女性の多くは、繊細すぎる刺激でマッサージすると、逆にくすぐったがる傾向があります。

ミズキさんも、そうでしたね。

ただ、単なるくすぐったさとはちょっと違う感覚も感じているようだったので、やり方は変えずに続けます。

体に触れるのは、指先の直径1cm弱の範囲。

肌に触れるか触れないかくらいの圧力で、直径10cm弱の螺旋を描くようにクルクルと、少しずつ肌をマッサージしていきます。


今回のマッサージのルートは、こんな感じでした。

【うつ伏せの状態で】

アキレス腱~ふくらはぎ~ひざ裏。

外側のくるぶし~ふくらはぎの外側~ひざ横。

内側のくるぶし~ふくらはぎの内側~ひざ横。

ひざ裏~太もも~脚とヒップの境界線。

外側のひざ横~外側の太もも~脚の付け根。

内側のひざ横~内側の太もも~脚の付け根。

ヒップとあそこ周辺。

ヒップの上~腰回り~肩甲骨の下。

ヒップの外側~脇腹~脇の下の下。

肩甲骨~首筋~肩。


【仰向けになってもらって】

足首~すね~膝。

両脚の外側を膝まで。

両脚の内側を膝まで。

膝~太ももの前側~脚の付け根まで。

膝の外側~外もも~脚の付け根まで。

膝の内側~内もも~脚の付け根まで。

下腹部(あそこの上周辺)一帯。

お腹~バスト~鎖骨。


確か、これくらいだったと思います。

女性の反応によって変えるので、いつも同じルートとは限りません。

例えば、くすぐったがりの女性の場合は、脇の下や脇腹は避けます。

逆に、あえてそこを刺激して笑わせることもありますけれど。

今回のミズキさんは、とても恥ずかしがり屋で、仰向けになってからは無意識のうちに胸を隠そうとするので、その腕を何度もどかせながらマッサージをすることになりました。

このルート、全部をそこそこ急いでやっても30分はかかりますし、もっと細かくじっくりやると、1時間くらいは性感マッサージに費やします。

オイルを使うなら、この前にオイルを全身になめす段階もありますし、普通のマッサージや足裏マッサージなどをやることもあります。


ひと通りマッサージを終えたあとに、ミズキさんのあそこに触ってみたら、めっちゃ濡れてましたw

性感マッサージをしているとき、明らかに感じているような反応は見えなかったんですが、実はミズキさんは感じているということが、私には感じられたので。(ややこしい)

「すっごい濡れてるじゃん。」

と言うと、最初は

「え…。いやあ。そうですかね?」

とかゴニョゴニョごまかしていた恥ずかしがり屋のミズキさんでしたが、あそこ周辺を指先で撫でながら

「だって、ほら、こんなだよ?」

などと何度か指摘して追い込むと、最後には

「…濡れているのは自分でもわかります(照)」

と白状しました。


ミズキさんは今まで感じたこと、気持ちいいと思ったことがほとんどなかったそうですが、そんなの関係ないですね。

メールしている段階で、「繊細で丁寧な愛撫を時間をかけて経験すれば、多分感じるんじゃないかな。」と返信したんですが、予想通りでした。

経験が少なかったり、あるいは数だけ多くて質が高くない経験ばかりだったりする女性は、何も催眠や性感マッサージなどの特別な方法を使ったり、あるいは電マなどの道具を使ったりしなくても、そのような愛撫だけで充分感じられることがほとんどなんです。

ましてや今回は性感マッサージを初体験したわけですから、感じて濡れないほうがむしろおかしいってもので。


次はどうしようか考えたとき、メールでクンニ経験を聞いたところ、1回されたけど気持よくなかったと言っていたのを思い出しましたので、このときはクンニも試してみました。

もちろんミズキさんがクンニNGじゃないことを確かめたうえで、ですけどね。


どんな行為もそうですが、基本的にはマリモのやりたいようにやります。

ただ、女性がして欲しくないことは遠慮なく断ってもらっています。

また事前にメールでやり取りをしている中で、あらかじめして欲しいこと、して欲しくないことを言ってくれれば、それはやらないようにしたり、代わりの方法を考えたりします。

感じたり絶頂アクメに達したりするのって、自分をどれだけ解放できるかなんです。

遠慮とか拒否って自分を閉じ込めることですから、気持ちいいエッチをしたいなら、遠慮や拒否はしないほうがいいんです。


ミズキさんのヒップの下にまくらを敷いて、高さを調整します。

顔をあそこに近づけ、舌をそっとクリトリスに触れます。

ペロペロと動かすようなことはせず、舌を触れさせたまましばらく待ちます。

クリトリスに、ずっと圧力をかけているだけでも、感じてくる女性は多いです。

感じてきたら、初めて動かせばいいわけで。


ミズキさん、クンニで気持ちいいと思ったことがないなんて嘘だろってくらい、普通に感じていました。

もちろん感じること自体に慣れていないので、喘ぎ声も

「…んっ。…あっ。」

程度でしたし、マリモが聞いて初めて

「きもちいい…」

と答える程度でしたけれど。

しかしクンニの最中も無意識に胸を隠そうとするミズキさんでした。


さらにクンニを続けながら、充分に濡れているあそこに中指を挿入すると、ぬるりと入ってしまいました。

指先を曲げて、Gスポットなど感じる部分を刺激しながらクンニを続けます。

「中はどう?気持ちいい?」

と聞くと

「はい。きもちいい。」

とミズキさん。

イッたことがないどころか、感じたことすらほとんどなかったとのことでしたが、全然普通に感じられる体です。

自分に問題があるんじゃないかと悩んでいらっしゃいましたが、まったくそんなことはありませんでしたね。

ミズキさんのように、エッチが気持ちよくない、あまり感じないという女性は、多くの場合男性次第ですぐ変わります。

イケない、絶頂に達しない、オーガズムを迎えられない、アクメを知らないというのは、またちょっと違う場合もありますけれど。


クンニの次は、ミズキさんが何度か経験して気持ちよかったと言っていた、電マ体験に移ります。

ミズキさんの性感マッサージの動画とあわせて、また後日に公開します。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
屈曲位って、画像のような体勢のことです。

緊縛で使われることはあまりありませんが、エッチではよくある体位です。

今回は屈曲位で緊縛したうえに電マ責めしました。


k0138_s.jpg

シナプスフェーズ付き電マを挿入したときの様子です。

この縛り方は、お尻が丸く大きく見えるので、個人的には好きですね。


この後は当然スイッチを入れます。

あぐら縛りの時に比べると、電マ責めに対する反応は、やや反応が異なります。

ちなみに、画面が途中で画面が明るくなったり暗くなったりします。

おそらく、感じて足を上下に動かしたときに、明るさが微妙に変化しているのかなと。

あとごめんなさい、途中で三脚にぶつかって雑音が入り、画面がブレます。

このへんが、ドキュメンタリーゆえのハプニングですね^^;




ただ、屈曲位での緊縛は、意外と難しいです。

縛り方が難しいというより、縛れるような場所があまりないんですね。

このときはソファーを使いましたが、どうしても中途半端になってしまいます。

縄がけできる梁などがあればやりやすいです。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
女性の絶頂ブログ、3人目の女性の登場です。

お名前はミズキさん。

24歳で現在はフリーターをなさっています。

「マリモさんの性感マッサージを体験希望です。」

とメールをくださいました。


ミズキさん、実は彼氏さんがいます。

ところが、イッたことがないどころか、気持ちいいと感じたことすらほとんどなかったそうです。

クンニをされても、そんなに気持ちいいとも思えなかったので、それ以来していないとのこと。

オナニーや一人エッチの経験もないとのことでした。

ひょっとしたら、自分の体がおかしいんじゃないかと思い、思い切って応募してくれました。


ミ「こんな私でも大丈夫でしょうか?」

マ「もちろん大丈夫ですよ。」

と、ここからメールでやりとりが始まりました。

話を聞くと、エッチで彼氏さんとコミュニケーションが取れていないのがわかりました。

また性感マッサージどころか、時間をかけてていねいに愛撫をされた経験もありませんでした。

「ミズキさんの場合は、繊細で優しい愛撫を時間をかけて経験するだけで、だいぶ変わるかもしれません。」

といったことも話しながら、不安や疑問を1つずつ解消してもらいました。


その他のミズキさんの希望は・・・

ミ「肌荒れをしたことがあるので、できればオイルは使わないで欲しいです。」

マ「それならオイルマッサージやパウダーマッサージではなく、何もつけない性感マッサージにしましょう。」

ミ「撮影は首から下のみ、でいいですか?」

マ「では首から上はモザイクかけますね。」

ミ「撮影のとき、なるべく暗くしてもらっていいですか?恥ずかしがり屋なので・・・」

マ「それなら撮影のときだけ明るくして、性感マッサージをやるときは暗くしましょう。」

といった感じで打ち合わせを進め、最終的には

ミ「たくさん聞いたので、私のほうからはもう質問は現段階ではありません。」

とのことでした。



(注釈)この記事を書いた当時は、まだこのブログが始まって間もない頃でした。

そのため打ち合わせに、今よりも時間がかかっていました。

今は皆さん事前にブログを隅々まで読んで、ほとんど疑問を解消してからご応募いただいています。

そのため、やり取りはもっとスムーズです。



当日の待ち合わせ場所で、事前にお伝えしておいた携帯番号に、ミズキさんから電話がかかってきます。

向かうとミズキさんを発見。

小柄で細身の、年齢よりも大人っぽい感じの女性でした。

この日は雨が降っていたので、持参の大きめの傘に入ってもらい、なるべく濡れないコースを選び移動します。


途中のコンビニで、食べ物・飲み物、お酒などを買います。

マッサージをやる場合は、事前にお酒を飲むことは控えたほうがいいのですが、一通り終わったあとに女性はたいてい喉が乾くので、飲みたくなるんですよね。

ちなみにマリモも、マッサージをやり終えたあとの休憩タイムのときは飲ませていただいてます。

マッサージ前は飲みません、指先の感覚が鈍くなるので。


目当てのホテルに入ったのですが、運悪く狭い部屋に当ってしまいました。

といってもマッサージをするには問題はなく、撮影がちょっと大変なくらいでしたけれど。

部屋でお昼を食べながら、今日やることや流れを説明したり、しばらく談笑したります。

ミズキさんは、わりとよくしゃべる女性でしたので、普通に友達同士で話しているような空気でした。

話を聞くと、本当に経験が浅い女性で、エッチの知識もあまりありませんでした。


ミ「前に何度かホテルで大きいおもちゃみたいなのを使ったときは、結構気持ちよかったんですよー。」

それはメールでも事前に聞いていた話なので

マ「「それって、これじゃない?」

と持参した電マを見せると

ミ「あ、それです!」

電マを知らなかったんですね。

マ「これドンキとかで普通に売ってるよ。」

と教えたら、目を丸くして驚いていました。


マッサージの前に入浴するかどうか聞いたところ、しますとの返事だったので、浴槽にお湯を貯めてミズキさんに入ってもらいます。

ここからは、ミズキさんお着替えタイムです。

m0005_s.jpg

m0006_s.jpg

m0007_s.jpg

m0008_s.jpg

m0009_s.jpg


恥ずかしがり屋の女性でしたので、撮影のときも実は相当緊張していた様子です。

マッサージ動画も撮影してありますので、それはまた後日。

性感マッサージについて、もっと詳しく知りたい方はこちら。

>>女性用性感マッサージ


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?