Photo Gallery

エッチなことをいろいろ体験したい処女の専門学校生ゆいちゃん。

一番の希望が緊縛電マ責めでした。

緊縛電マ責めをするには、まず緊縛をしなければ始まりません。

ということで、緊縛初体験です。


k0027_s.jpg

緊縛初体験の女の子って、やっぱり最初は緊張しています。

当然ですよね、緊縛されるなんて普通なかなか経験しない非日常的な行為ですから。

ちなみに緊縛初体験の女の子の、ほぼ全員が口にする言葉が、これです。

「縄って、思っていたより柔らかいんですね。」

麻縄って、見た目は固そうに見えますよね。

でも実際に手で持ってみて、緊縛されて肌で感じてみると、印象はガラッと変わるはずです。


k0028_s.jpg

それから縛り方にも、いくつかポイントがあります。

基本は、女の子の体に過度の負担がかからないように縛ることですね。

特に緊縛初体験の女の子は、縛られている時の自分の体の感覚や状態も、よくわからないものです。

なので、痛くないか、キツく感じないかなどを注意深く確認しながら縛ります。


私はプロではありませんので、危険な縛りはできませんし、やりません。

初歩的な縛りがほとんどで、またそれで充分なことが多いです。


ちなみに今回のゆいちゃんは、後手縛りです。

後手縛りは、シンプルなわりに拘束力、拘束感は高いです。

またバストを強調する効果もあるので、見た目も映えます。


k0029_s.jpg

緊縛の際は、何かあったらすぐに縄をほどけるようにする準備も大事です。

マリモの場合、いざというときに縄を切れるように、必ずハサミを常備しています。

まあ、今まで一度も切ったことはないんですが。


何かっていうのは、例えば緊縛中に地震や火事などが起きた場合です。

トイレに入っているときに地震や火事が起きたらどうしよう、って考えるのと似ています。

まずそんなことはないけれど、でも万が一起きた場合に備えておくってことです。

トイレや風呂は自分で何とかするしかないですが、緊縛されている女の子は、自分ではどうしようもありません。

ですから、私が責任を持って対処できるようにしています。

これから緊縛を体験したいという女の子は、相手がそこまで考えて準備しているかどうか確かめてからにしてください。


k0030_s.jpg

今回、下着プラスキャミソールの上からの緊縛となったのは、偶然です。

最初は全裸で緊縛しようかと思っていたんです。

でも彼女が鮮やかな赤いキャミソールを持参してきたので、それを活かしました。

たまたまホテルの部屋もイメージカラーが赤だったので、ちょうどよかったのかもしれません。


あとやっぱり、全裸はさすがに恥ずかしい様子だったというのもあります。

彼女は処女ですので、男の前で下着姿になることすら初体験なわけですから。

まあ、ある程度慣れたあとに全裸で緊縛してもよかったんですが、忘れていました(笑)


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
普段は、同じ女の子の記事を連続して載せることはないのですが、今回は前回に引き続きあきなさんの記事です。

体験女性が増えるほど、記事にできる内容も増えるので、当面は載せる記事を選抜していこうと思います。

そのためヒロミさんとかなちゃんは、まだ記事にできる画像や動画が残っているのですが、更新終了します。

で、引き続きあきなさんの記事、というわけです。


前回の記事でも書いたとおり、あきなさんはエッチで気持ちいいと感じたことがありませんでした。

また有料の女性用性感マッサージを受けたのですが、どうも思っていたのと違ったそうです。

そこでマリモの性感マッサージを体験したく応募してくれました。

今回は、女性用性感マッサージを体験しているあきなさんの表情を、じっくり撮りました。

女性用性感マッサージや、女性用性感マッサージ動画 太ももからヒップにかけて ミズキの動画にあるような性感マッサージを、画面の外で行なっています。

今回は脚の膝から下を性感マッサージしているのですが、それでこのように感じています。

「今までセックスで気持ちいいと思ったことがない。全身性感帯ってよくわからない。」と言っていたあきなさんは、どこに行ってしまったのやら。


で、ちょっと動画の解説します。

この日のここまでの流れは、催眠→下着姿で女性用性感マッサージ→一緒にシャワー浴びながらエロエロ→全裸で性感マッサージ、という段取りでした。

催眠状態にしておくと、普段より感度が上がります。

そのうえで、一度下着姿で性感マッサージのリハーサルをしています。

その後、あきなさんは「開放的にエッチになりたい!」という希望もあったので、一緒にシャワーを浴びながらエロい悪戯をしました。

例えば、浴槽に手をかけた状態で体が動かない催眠を発動して、身動きできない状態のあきなさんの体をいじり回したり、後ろ手にした状態で体を動けなくして、まるで見えない縄で縛られているかのような状態でフェラさせたり、といったことです。

この段階で、もうあきなさんはアソコが糸を引いてしまうほど濡れていました。

充分に興奮してエロくなっていた、ということです。

ですので、本格的な性感マッサージもバッチリ感じることができたわけです。

最初から性感マッサージを始めていたら、また違った感じ方になっていたと思います。


多くの女の子は、時間をかけてエロいことをすれば、普通に興奮できるし、エロくなれるし、感じられるんです。

ところが、それすら経験していない女の子が少なくないんですよ。

ですから、まず時間をかけることが大事ですし、たったそれだけでガラッと変わってしまう女の子も多いです。


ただ有料の性感マッサージをちょっと擁護すると、どうしても限界があります。

例えばお店の側からすると、お客様を回転させないといけませんから、時間制限を設けざるを得ません。

また体験する女の子からすれば、長時間体験したくても、予算の関係で難しい、ということもあると思います。

そのため、時間をかけて丁寧に、ということが難しいケースが少なくありません。

限られた時間内で女性の心と体の緊張をほぐし、感じてもらうというのは、簡単ではないんですよね。


女性を対象とした性感マッサージは、有料も無料も含めてピンきりです。

信頼できるところとできないところ、性感マッサージをちゃんとやってくれるところと、やってくれないところ、さまざまありますので、いいところを探すのは大変かもしれません。

個人的には、次の条件を満たしている女性用性感マッサージなら、女性が満足できる可能性が高いと思います。

  • 時間とお金を気にしないで済む無料のところ、あるいは有料でも長時間体験できるところ
  • そこそこ知識、技術、経験があることがサイトなどの文面から読み取れること
  • 体験談、画像、動画が豊富で、しかもオリジナルのところ
  • 何よりも施術男性の人がらが信頼できること


もちろん有料でも、本当のプロフェッショナルがやっていれば、短い時間でも満足のいく体験はできるでしょう。

腕前が確かなら、他では経験できないような性感マッサージを体験できることもあると思います。

ただ、それを見つけるのが意外と難しいんです。

あきなさんも、信頼できそうと思って申し込んだ有料の性感マッサージが期待外れだったわけですから。


それと普通のマッサージや整体などもそうですが、施術してくれる人との相性もあります。

だからと言って、相性のいい人が見つかるまであちこち試す、というのも難しいのが悩みどころかもしれません。


女性の絶頂ブログの場合、特定のメニュー内容には、最近あまりこだわっていません。

また女の子の側にも、特定のメニュー内容に強いこだわりがあったり、逆にNGがあったり、あるいはお申し込み条件を実は満たしていなかったりすると、結果的に女の子の希望は叶いづらくなるうえ、マリモ自身も楽しめないということが、最近見えてきました。

ですので、「何でも体験してみたいけれど、特に○○に興味があります。」ですとか、「信頼してお任せしますので、基本的にNGはありません。」といった女の子のほうが、ここではお互いにいいのかな、と思います。

そういったことも含めて、いずれブログの応募条件などを見直すことになりそうです。


※こちらの動画、露出設定を失敗して画面が白トビしていました。

これまでは載せていたのですが、その他の子の動画も増えてきたので、公開を終了しました。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
新たな体験女性です。

今月から月2名体制になっていますが、6月前半のお約束の26歳OL、あきなさんです。

ic0004_s.jpg


今、新規の応募が増えすぎて対応しきれないため、一時的に応募受付をお休みさせてもらっていますが、4月から5月半ばにかけても、マリモの仕事の都合でお休みさせていただいていました。

実は、あきなさんはその直前に応募してくれたんですね。

ただ、そういった事情から、申し訳なかったのですがご応募をいったんキャンセルさせていただきました。


あきなさん、最初はすっごい悩んでいらっしゃったんですよ。

やりとりの一部はこんな感じでした。

「…今まで本気で気持ちいいと思ったことも、セックスでイッたこともないんです。一度でいいから他人の手でイってみたいんです。体験人数は7人程です。」

「今の彼氏は淡白で、すごく好きなのに彼氏とのHは苦痛です。」

「ホントは私も気持ちいいコトしたいんです。せっかく女に生まれたのに。こんなこと考えるなんておかしいのかな?いやらしいかな?とも思います。」

こんな状況でした。


ですので、マリモがキャンセルしたときは、さぞがっかりされたと思います。

(その時は、ほんとすいませんでした、あきなさん。)

そこで、あきなさんは別の性感マッサージを受けに行ったそうです。

しかも有料の。

ところが有料の性感マッサージにもかかわらず、そこでは満足のいく体験が全然できなかったそうで、先月半ばに応募受付を再開したところ、再度応募してきてくれました。


あ「…想像と違かったのはマッサージは短めでクンニでどうにか、いったんです。だから性感マッサージとは違うのかな?と。マリモ先生のブログの連続イキって想像できなかったし、体が性感帯って感覚よく分からなかったです^_^;」

あ「今回の希望は催眠、性感マッサージと緊縛です。中イキを体験してみたいです!!」

マ「それは、通常はある程度の時間をかけて開発していって到達できる段階です。もちろん短い時間でそこまで到達できることもありますが、逆にそうじゃないこともあります。いくのは結果であって、それを目的にすると精神的にいきにくくなりがちです。なので、結果のことは忘れて、体験そのものを楽しむ気持ちでいたほうがいいですよ。」

あ「そうなんですね、体験そのものを楽しむ気持ち。結果は考えないで楽しみたいと思います(^^)」

この他、あきなさんの妄想を聞いてみると、こんな感じでした。

あ「視界が暗くて、目隠しかなんかしてるんです。それで緊縛されてイッちゃうのと、連続でイッちゃうところとか、丸裸になってすごいエッチで開放的にになってる自分とか、恥ずかしいけどそんな感じの妄想です。」


ということで、あきなさんの希望を、できる限り叶えてあげることになりました。

あきなさんの希望や妄想をまとめると、こうなります。

・性感マッサージで感じてみたい。全身が性感帯の感覚を味わいたい。

・他人の手でイッてみたい。連続いきをしてみたい。中イキをしてみたい。

・催眠にも興味がある。

・目隠し+緊縛でイッてみたい。

・丸裸で、すごくエッチで開放的な自分になりたい。

さて、どれくらい叶えることができたでしょうか?


今回は、奈緒ちゃんのときとは変えて、結果を先に書いておきますね。

・性感マッサージで感じてみたい。全身が性感帯の感覚を味わいたい。
⇒◎。バッチリ成功しました。動画もあります、が動画撮影に微妙に失敗^^;

・他人の手でイッてみたい。連続いきをしてみたい。中イキをしてみたい。
⇒○。中イキだけは至らず。ただし中の気持ちよさや感じるポイントは完全にわかるようになりました。

・催眠にも興味がある。
⇒○。えりさん、ゆいちゃん、奈緒ちゃんレベルではないけれども、どっぷり催眠状態になりました。

・目隠し+緊縛でイッてみたい。
⇒◎。目隠し+緊縛状態で電マ・ローター・ブログ初登場のフィールモンブラン等で連続イキしました。

・丸裸で、すごくエッチで開放的な自分になりたい。
⇒◎。

望みと妄想のほとんどを叶えることができ、あきなさんの満たされない思いもすっかり満足、最初に応募したころの深刻で重い悩みは吹っ切れ、未来に希望が持てるようになった、と帰る際におっしゃっていました。


今回、あきなさんは感想の撮影にも協力してくれました。

その動画は、こちらです。




あきなさんの次回は、まず性感マッサージ動画になると思います。

撮影微妙に失敗と書いたとおり、カメラの設定を間違えて白飛びしてます。

ただ、有料の性感マッサージでも全然気持ちよくなれなかったあきなさんが、マリモの性感マッサージを受けて感じている表情は、バッチリ撮れています。

モザイクなどは入りますが、その様子は伝わると思います。

楽しみにしていてくださいね。

今月は下旬にもう1人体験予定です。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?