Photo Gallery

休み明けなので、記事に登場する女の子のローテーションをちょっと変えて、絢乃さんの記事です。

前回の記事では、緊縛電マ責めでした。

今回は中イキ開発のときの様子、前半と後半です。


n0006_s.jpg

当日は中イキ開発を2回にわけてやりました。

1回めのときは感じてはいたものの、イクまでには至りませんでした。


彼女、性格的に負けず嫌いな面がある子でした。

こういう人って、「◯◯な自分」を崩すことができないケースがあります。

◯◯には、しっかり者とか、まじめとか、かわいいとか、美人と言われるとか、いろいろ入ります。

ちょっとニュアンスは違うのですが、強いてわかりやすく言うなら、「プライドが高い」んですね。


そのためでしょうか、感じていることをなかなか表に出さず、また認めようとしませんでした。

「ここ気持ちいい?」とか、感じている様子を見て、「どうしたの?」と聞いても、はぐらかすんです。

最初の電マ責めのときは、どう見てもイッたにも関わらず。


そこで、当日はこれまで登場しなかった、あることをやりました。

ものすごく恥ずかしいことなんですが、これをやったときから彼女の反応が大きく変わりました。

見てもわかるくらいスイッチが入り、アソコの濡れ方も顕著でした。


ちなみに彼女の感想では、その前の電マ責めでイッてからスイッチが入ったとのことでした。

ですから、電マ責めの段階で体のスイッチが、今回新たにやったことで心のスイッチが入った。

そんな感じかもしれません。

で、中イキ開発の前半と後半です。






どちらも感じているとはいえ、前半と後半で反応が違うのは、わかると思います。

やっていることは、ほぼ一緒なんです。

同じ女の子でも、さまざまな要因が変われば、こんなふうに反応も変わるんですね。


ちなみに撮影のときは、私一切しゃべりません。

でも、カメラが回っていないところでは言葉責めしまくり、彼女もそれに乗ってガンガン絶頂に登っていました。

特に後半は、もっとすごい反応だったってことです。


相手の男性が特に下手ってわけでもないのに、なぜかイケない場合があると思います。

原因はいろいろ考えられますが、女性自身が何かに囚われているケースもあります。

それを取り除いて、そこから自由になる(=解放)と、イケることもありますね。

今回の絢乃さんは、それに近かったのかなと。


★追記

諸事情によりブログのテンプレートを変更しました。
それに伴うもろもろの設定変更は、まだ追いつかないので今後少しずつ進めていきます。
しばらくいろいろ見づらいときがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
■ 潮吹きについて

今日は潮吹きについて書きます。
なぜ、今さら改めて書くか、お話しますね。

実は4月の体験応募受付のときに、「潮吹きがしたいです。」って書いてきた子がいたんです。
もちろん、したいことは遠慮なく書いていただいていいです。
私にできることはできるかぎりお応えしますし、できないことはできないって言いますから。

でも、まともな知識があれば、そもそも希望しないだろうって内容もあるわけです。
潮吹きなんかは、まさにそれなんです。
なので、潮吹きについて書くことにしました。

「潮吹きって何なの?」っていう子向けに、潮吹きの正体を。
「なんだ、そんなことか。」と思ってしまうような潮吹きのやり方。
潮吹きとイクのとは、関係あるのかどうかなど。
ざっくりと、ですけどね。

はっきり言って、潮吹きに関する最低限の知識レベルの内容です。
たいしたことは書いていません。
でも、この程度で充分じゃないかと個人的には思います。

ですから、潮吹きについてあまり詳しく知らない方は、一度読んでみてくださいね。


■ 潮吹きって?

AVなどでよく見ますね。
女性のアソコから液体がプシャーってなる現象のことです。
多くの場合、男優さんが指で激しくアソコを刺激して潮を吹かせています。

ちなみに、ブログの過去記事でもちょっとだけ触れていますが、私は潮吹きにはまったく興味がありません。

私がまだ学生だったころは、潮吹きがすごいことみたいに言われていました。
当時は単純に、「潮吹きってすげぇ!俺もやってみてぇ!」って思っていたんです。
でも、AV男優さんのようにはできないので、「どうすればいいんだろう?」って思っていた時期もありました。

その後、エッチなことをいろいろ勉強するにつれ、「…潮吹きって意味ないよね。」ってことがわかりました。
当然、興味もなくなりました。
なぜかと言えば、理由ははっきりしています。

潮吹きは、女の子の快感やイクこととは直接関係ない行為で、強制的に潮吹きさせてもいいことは無いからです。

そしてネットの発展とともに、世の中的にも潮吹きってAVの中だけの行為、という認識が広まったと思っていました。
けれども、どうも勘違いしている子が、まだまだいるようです。

誤解のないように書いておきますが、潮吹きという現象そのものを否定しているわけではありません。
女性が気持ちよさのあまり潮を吹くケースもありますし、それについては後ほど触れます。

またAVにおいては必要とされている理由は、あくまで推測ですがわかります。
それを見た男性が、やってみたいと思う気持ちもわかります。
私も昔はそうでしたから。

ですが、「男性が女性に潮を吹かせる目的でする行為」は、個人的にはいいとは思いません。
そこで、逆説的にですが、まずはじめに潮を吹きたい子向けに、潮吹きのやり方を載せます。
AVの潮吹きの裏側が暴露されてるんで、ぜひ読んでください。


■ 潮吹きってどうやるの?方法は?

では、AVなどでよく見る潮吹きのやり方です。

たいへんわかりやすい記事がありますので、リンクしたうえで引用します。
やり方を解説してくださるのは、紅音ほたるさん。
元AV女優さんで、現役の時は潮吹きクイーンとして有名だったそうです。


・・・MCのネプチューン・名倉潤が「痛くはないの?」と尋ねると、チョロチョロ流れるままに出すのではなく、弾け飛ぶように尿道の圧力を調整しているため「尿道が裂けるので痛いんですよ」と生々しく明かす紅音。・・・

・・・「撮影前に5リットルくらい水分補給して、湯船に入って体を温めると、一気に、膀胱に(大量の尿が)降りてくる」そうで、撮影時に尿道を男優の手やイチモツで塞ぐ。
今にもこぼれ出そうなところに蓋をしている状態のため、尿道に強い圧力がかかり、蓋を離した瞬間にバシャーッと噴出する・・・

(メンズサイゾー http://www.menscyzo.com/2012/06/post_4166.html 「潮吹きはヤラセ」紅音ほたるがAVのウソを暴露!! より引用)


潮吹きって要するに、膀胱に溜まった尿を、外から圧力かけて一気に出させているんですよ。
これがAVなんかでよく見る潮吹きの裏側ってことですね。
だから、もしあなたが潮吹きたいなら、水分取りまくってトイレ我慢すれば確率は高まります。

じゃあ、なんでわざわざAVでそんなことをしているかというと、派手でインパクトがあるから。
あれは商品ですから、売れなければいけませんよね。
そして売るためには、パッと見で印象に残るわかりやすいポイントが必要なんです。

買ってくれるお客様向けの魅せ技なんですよ、AVの潮吹きって。

それはそれで、AVとしては必要だからやっていることなんでしょう。
でも、それをそのまんま一般人のリアルセックスに持ち込むのはマズいです。

前提として、紅音さんのお話は番組の中でのことです。
ですから、多少誇張されている部分はあるのかもしれません。
けれども、わりと正直な話だろうと思います。

だって、じゃあ実際に女の子が普通にエッチをして、あんなふうに吹くかって言ったら、ねぇ。
あ、誤解しないでくださいね。吹くのが悪いって言っているわけじゃないですよ。

で、話を戻すと、実際に何度も吹いている紅音さんでも、「吹くとき痛い。」っておっしゃっています。
吹くときも圧力で痛いし、吹かせるためにあんなに指で中ガシガシやったら、それも痛いでしょう。
だから、男性が女性に潮を吹かせる目的でする行為なんていいことない、って話なんです。

ということは。
潮を吹かせようとする男性や、潮吹き自慢する男性は、女性の体のことも潮吹きのこともよく知らない、知ろうともしない、AVを鵜呑みにしている、エッチしないほうがいいタイプの人だと思って、間違いないんじゃないかなあと。

ちなみに、ここに応募してくれる子たちからも、ガシガシやられて痛かった、血が出たといった話はよく聞きます。
潮を吹かせようとAVみたいにガシガシやるのが、どんなによくないか。
もしピンとこない男性がいたら、これやってみてください。

自分の口の中に指を突っ込んで、女の子に潮を吹かようとするときのようにガシガシ動かす。

とてもじゃないですけど痛くて続けられないか、そもそも怖くて無意識的にブレーキがかかるはずです。
女の子に潮吹かせようとガシガシやるのって、それと同じような行為なんですね。


■ じゃあ潮吹きとイクのとは関係あるの?

まったく関係ありません。

くり返します。
潮吹きと、イクこと、絶頂、アクメ、オーガズムは、まったく無関係です。

厳密には、「潮を吹かようとする行為で吹いた潮は無関係」ということです。
上で書いたように、物理的な圧力で無理やり失禁させているだけで、特に気持ちいい行為ではないからです。

世の中には、快感とともに潮を吹かせられる男性もいるでしょう。
それは私にはできませんから、素直にすごいとは思います。

ただ、私自身は別にそれができるようになりたいとは思いませんし、仮にできてもやらないでしょう。
そもそも、別に無理やり潮吹かせなくても気持ちよくイケますからね、女の子は。

いっぽう、無理やりではない潮吹きも、実はあります。
「潮を吹かせようとしたりせず、エッチな行為に没頭していたら、自然に潮を吹いちゃった。」というケースです。

これは言い換えれば、気持ちよすぎて失禁、おもらししちゃったってこと。
興奮しすぎて体のコントロールが一時的に効かなくなって起きる現象でしょう。
厳密には、尿とは成分が異なるケースもあるそうですが、瑣末なことなので省きます。

個人的には、自然な潮吹きは、それはそれでエッチに没頭して我を忘れているってことだから、ありです。
ですから、自然に吹きたくなったら吹いちゃって構わないというのが、ここでのスタンスです。

ちなみに、年齢が高くなると、また出産経験があると吹きやすくなると言われます。
加齢や出産の影響で、尿道周辺の筋力が衰えるからです。
性感を高める膣トレ、ケーゲル体操は、本来はそうした女性の筋力回復のためのものだったんです。

ですから潮を吹かせたい男性は、出産経験がある熟女さんとすると、うまくいきやすいかもしれません。
私の過去の経験でも、そうでした。
気持ちよすぎて吹いちゃったパターンですけど。

とはいえ、「潮吹いたらベッドを汚しちゃうし恥ずかしいし。」って気になることがほとんどでしょう。
また、無理やりにしろ気持ちいいからにしろ、失禁が癖になるのは考えものなのも確かです。

だから、私はトイレに行きたくなったら、いつでも遠慮なく行ってもらってます。
それこそ挿入している最中でも行ってもらうこともあります。
トイレしたあと、ちゃんとシャワーで流せば問題ないので。

これが彼氏さんとかとのエッチだと、途中でトイレに行きたいって言いづらいんですよね。
恥ずかしいとか、雰囲気壊したくないとかで。

ただ、尿意を我慢しているとなかなかエッチに集中できません。
集中できなければ気持ちよくなりづらいですから、当然イクことも難しくなります。
ですから、なるべく我慢しないほうがいいんです。

また中を刺激すると、尿意を感じやすいタイプの子もいます。
あるいは刺激するポイントによっては、女の子が尿意を感じることもあります。
事前にトイレに行っているのにそうなる場合、体が尿意を錯覚していることも多いです。

そんなときは、安心させるためにトイレに行かせることもあります。
トイレにいって出なければ、漏らす尿がない、つまり吹く潮がない状態ということ。
ですから、その後に尿意を感じても、気にせずに続けられるようになることもあります。

それと催眠がハマる子に使える手段ですが、あえて尿意を強めることもあります。
そのうえで、それを弱めたり強めたりをくり返すと、気にならなくなるケースがあります。
なぜそうなるのかは話が長くなるので、省きます。

こんなふうに対策の基本は、とにかく気になったらトイレに行ってみるってことです。
他に対策としては、エッチの前に水分を取るのを控える方法もあります。
けれども、それで激しいエッチを続けると、脱水症状になる可能性もないわけじゃないから、注意してくださいね。

エッチで脱水症状が起きることがあるのは、少し前の記事でも書いたと思います。
特に、お酒飲みながらや飲んだ後は、水分失いやすいから余計にね。

あと、現在潮吹き体質の子は、膣トレお勧めします。
あれって、産後の骨盤底筋群の衰えを回復させるために編み出されたものですから、効果が期待できます。


■潮吹きについてのまとめ

まとめます。

潮吹きと快感、イクこととは基本無関係
潮吹きは、できなくてもまったく問題ない
吹かせようとする男性には要注意
トイレに行きたくなったら恥ずかしがらずに行っていい
激しいエッチを長時間するときや飲酒時のエッチは、こまめな水分補給を忘れずに


以上になります。
もし、潮吹きがどうのこうの言っている子がいたら、この記事教えてあげてください。


※来週はお盆なので更新休みます。次回は22日の予定です。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
久しぶりに、新たな女の子の登場です。

絢乃さんは、7月の臨時応募受付で、ご応募いただいた子の中の1人です。

とてもエッチな子には見られないであろう、きれいな子でした。


これまで、おつき合いした男性は2、3人ですが、男性との行為ではイッたことがなかった、とのこと。

ただ、そこにこだわるというよりは、いろいろな体験をしてみたいということで応募してくれました。


k0105_s.jpg

体験前には、女の子に何をしたいか聞くんですが、彼女は特にこれという希望がありませんでした。

また当日会話していても、判断をマリモに委ねることが多かったので、好きにさせてもらうことにしました。

当日の流れはこんな感じ。


性感マッサージ

中イキ開発

催眠

リモコンバイブ

食事

電マ責め

今回新たにやった、恥ずかしいこと

緊縛

緊縛電マ責め

中イキ開発


で、結果的には中イキ連続イキまで来ました。

お腹を揺するやつは、イクまでにはなりませんでしたが、感じるところまでは来ました。


k0106_s.jpg

こう書くとスムーズそうですが、前半は不発でした。

性感マッサージは悪くはないが良くもなく、催眠は全然ダメ、リモコンバイブも何それ状態でした。

最初の中イキ開発のときは、それなりに感じてはいましたけれど。


彼女の様子がガラッと変わったのは、今回新たにやった恥ずかしいことと一緒に、緊縛したときです。

明らかに、それまでと違いアソコがめちゃめちゃ濡れて、感じて興奮しているのがまるわかりでした。

「すっごい濡れてるよ。音聞こえるよね?」と聞いたら、やっと素直に認めるように。


では何をしたか、なんですが。

後日詳しく書きますが、すごく恥ずかしいことをさせました。

すると、その後の緊縛電マ責めから、一気に解放されたように感じる様子を見せました。


k0107_s.jpg

とはいえ、それは私の見立てです。

本人からすると、緊縛前の電マ責めのときから体がイクモードに切り替わったようですね。

その後の行為での様子からも、実は性的にものすごくMな子だということがわかりました。


なお、今回は電マアタッチメントをつけていないので、ひたすらクリ責め、しかも下着越しではなく直接です。

クリトリスへの直接の電マ責めは、耐えられない子も少なくありません。

ブログで言うと、まみちゃんや小百合ちゃん、亜沙美さんたちはギブアップでした。


絢乃さんは、結局電マ責めだけでなく、体験を通じてギブアップしませんでした。

そのあたりにも、負けず嫌いな面が表れていましたね。

念のため、それは女の子の優劣とは何の関係もありませんし、私もそういう視点では見ていません。

それぞれ向き不向きがあるってだけのことです。

最終的に楽しくて気持ちよければ、それでいいじゃないかと。




とっても気持ちよさそうですね。

他に、中イキ開発の様子や、今回はじめてやった恥ずかしいことの様子もあります。

これらは、またおいおい。


最後、久々にインタビュー動画をお願いしたのですが、うまくしゃべれないということでダメでした。

そのかわりメールで詳しく感想を送ってくれました。

わりと長めですが、よければお読みください。


k09_s.png

私からの補足です。

「気持ちいいと口に出すと、あんなに気持ちよくなれる」と言っていますね。

さらっと大事なこと書いています。


ものすごく単純に書くと、気持ちいいと思えば気持ちよくなりますし、イクと思えばイキます。

なぜなら、感じたりイッたりするのは最終的には脳だからです。

なので、気持ちいいと感じたら、「気持ちいいことを意識して」ください。

そして、口に出してみてください、くり返し。

そうすると、もっと気持ちよくなってくることが、よくあります。


それから、彼女はイクときに、「体がだんだん熱くなって、一気に汗をかいて」と言っています。

このような感覚を感じたり、反応を見せたりする子は多いですが、全員が全員そうとは限りません。

なので、あなたが当てはまらなくても、悩むことはまったくありませんよ。


それと、私と彼女とで、同じ行為に対しても見方や感じ方が微妙に違うことがわかるかもしれません。

彼女の感想を読んだ私としては、「あ、そうだったんだ。へぇー。」って思う部分があるんです。

これを読んでくれている皆さんも、それぞれ相手とのエッチに関して、お互いの見方や感じ方は違っているはず。

その差をお互いに埋めていくと、もっといいエッチができるようになるかもしれませんね。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?