Photo Gallery

唇や舌を性感帯にする催眠は何度か載せていますね。

やよいちゃんは、催眠はスムーズに入りました。

なので、唇と舌を性感帯にすることも、すんなりできました。


s0027_s.jpg

唇や舌は、もともと神経が敏感な部分です。

キスで感じる子も少なくありません。

興奮するってだけじゃなく、感じるわけですね。

なので、わりと簡単な催眠です。




ただ、催眠は途中から急に覚めてしまいました^^;

ナミさんのときも、そういうことがありました。

たいていの場合、何らかの理由があって覚めます。

催眠体験に対して、無意識的に興味を失った場合がほとんどですね。


ですので、催眠から覚めてしまった場合、私はしつこくやり続けることはしません。

そして、興味をなくさせてしまったのは、催眠誘導する側(ここでは私)に改善すべき何かがあるもの、と考えたほうがいいんです。

それは催眠に限った話ではないですけどね、ここでの体験については。


他の内容もそうですが、女の子が気持ちいいとか楽しいと感じられないことを無理強いはしないように心がけています。

同時に、より気持ちよく楽しい体験にできるように、毎回丁寧に進めることも大切ですね。

人間、うっかりすると忘れがちなので、気をつけたいものです。


それと、FC2ブログの有料プランに申し込んでブログ内広告をオフにしました。

スマホでスクロールしてると広告誤タップしてうざったいので^^;

ですので、以前よりも広告減って見やすくなったと思います。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
新たな女の子、なつめちゃんです。

仕事の関係で上京するついでに体験しに来てくれました。

交際経験は3人ほどで、エッチな経験がほぼゼロの処女の子です。

これまで未経験なのが信じられないくらいの美人さんでした。


彼女は、オナニーはするそうです。

多くの女の子と同様、するときはする、しないときはしないタイプ。

する時は毎日、しないときはかなり間が空いて、均すと週2回程度とのこと。

オナニーのときは動画を見てすることが多いそうです。


ic0063_s.jpg

最近はスマホでエッチな動画や漫画、小説などを見ながらする子が多いですね。

ちなみに、パソコンではもはや時代遅れとなったワンクリ詐欺。

あれスマホでは結構ありますので、引っかからないようにね。

大手ブログサービスのランキング上位サイトに堂々と載っていたりしますから。

支払い義務はないので、絶対に相手に連絡しちゃダメですよ。


さて、なつめちゃんの男性経験はキス程度までで、エッチの経験はゼロだそうです。

でも普段できないエッチなことをしてみたいと応募してくれました。

特に催眠に興味があるとのことでした。

また、マッサージや道具はどんなに気持ちいいんだろう、他人の手で触られてみたいといった興味もあったそうです。


当日は、とにかく緊張して恥ずかしかったそうです。

そりゃそうです、男性の前で服を脱ぐのも、男性の裸を生で見るのも初めてですから。

エッチなことに対しては、どう反応していいかわからない様子でした。

初めてなので、それも当然。

でも、本人はとても気持ちよかったようです。


k0123_s.jpg

またまた緊縛。

いえ、別に緊縛必須ってわけじゃないんですよ^^;

ただ、縛られてみたいって思う子が多いんですよね。


彼女は、色白の柔らかい体をしていました。

縛ったときに、こんな会話がありました。

マ「縄が似合うねー。」

な「似合いますか?」

マ「うん、似合うよ。」

このときの反応で、「(…ん?)」と思ったんですよね。


彼女のあぐら縛り、これまでブログに登場した形よりは厳しめになっています。

最初はブログの平均的なレベルで縛っていました。

その状態で責めたら、さらに脚を体に引き寄せる様子を見せたんです。

これ、まだ縛りに余裕がるってことなんです。

ですので、様子を見つつ、きつめに縛り直しました。


k0135_s.jpg

これまでに登場した子たちより、体が寝ていて、脚が体に近いのがわかるでしょうか。

ここまですると、本当に恥ずかしいところが全部見えてしまいます。

なすすべもなく丸出し、といった感じですね。


多分AVなどで見るあぐら縛りは、これくらいが最低限の厳しさだと思います。

実際には、後手縛りで完全に寝かせると、程なくして腕が痺れてくる子がほとんど。

なので、よほど慣れている方でもない限り、完全には寝かせないほうがいいです。


また脚も、体に近ければ近いほど全身に負担がかかります。

体の柔らかい子でも、最初は余裕を見ながら縛ったほうがいいです。

もともと、比較的負担の大きい縛り方ですので、くれぐれも無理は禁物。


そのほか、新たなアイテムなども使ってみたりもしました。

今回は撮れなかったんですけどね。

そのうち、どなたかのときにガッツリ登場するでしょう^^

その関係で、緊縛ではなく、「拘束」というカテゴリーを近々増やすかもしれません。

私の中では、緊縛と拘束(いわゆるボンデージ的なもの)は別モノなので。


そんなこんなで、あっという間に時間となりました。

セリちゃんのときもそうだったんですが、最近暗くなるのが早いです。

外が暗くなると、どうしても撮影に影響が出るのが悩ましいですね。

より撮影しやすいように、来年にカメラ買い換えようと思います。


k10_s.png

なつめちゃんの感想です。

満足できた、楽しかったと言ってもらえてよかったです。


感想を読むと、なんだろ、私、自分のことオッサンって言いすぎですかね?

リンリンもそうだったんですが、どんなオッサンが来るのかと不安みたいです^^;

年齢的にはオッサンなのでオッサンって言ってます。

でも外見的には30代なかばくらいに見えるって言われます。

それでも充分オッサンか(笑)


とりあえず女性に不快感を与えるようなことはないと思いますので、安心してくださいね。

あと、過去の女の子たちが私の印象に触れていることもあります。

よければ>>女性の絶頂ブログ 体験女性の感想を見てください。

※今回の記事、カテゴリー迷ったんですけど、女性の一人エッチ・オナニーにしておきます。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
今回はボールギャグが登場します。

いつもより少しSM色が濃い内容ですので、ご注意を。


まずボールギャグをご存じない方のために説明します。

ボールギャグとは口枷や猿轡の一種です。

穴の空いたプラスチック製のボールにベルトを通したものが一般的。

ボールを口に咥えさせてベルトを閉めます。

これに鍵をつけたり、あるいは緊縛や拘束をしたりすれば、自分では外せなくなります。


ボールギャグをつける効果は2つです。

1つは喋れなくなるという点。

声は出せるのですが、口と舌の自由を奪うので、言葉はほとんど話せません。


ですが、それだけなら普通の猿轡も変わりません。

ボールギャグの効果はもう1つあり、こちらのほうがより強烈だと思っています。

それは、しっかり嵌めると口の中の唾液を飲み込むことができなくなる、という点。

いずれヨダレが口から溢れて、とっても恥ずかしい思いをすることになります。

属性としては、かなり強烈な羞恥プレーです。


絢乃さんの記事で、とっても恥ずかしいことをさせた、と以前書きましたね。

そこから精神的なスイッチが入った、とも。

それがボールギャグ着用でした。


本人が事前に希望していたわけでは、けっしてありません。

縛られることすら未経験なうえ、さほど興味があったわけではなかったからです。

やったのは、あくまで当日の私のインスピレーション。

そして、これにものすごく興奮してしまったことは、彼女の感想に綴られています。

>>女性の絶頂ブログ 体験女性の感想


こうした恥ずかしい行為で感じることは、けっして珍しくはありません。

そして、そうしたきっかけで、自分の中のM性を自覚する子も少なくありません。

彼女は、これまでは自分のMっぽさをなんとなく感じていた程度だったようです。

この日、それを否応なしに認識してしまったことでしょう。

だって、こんなことされているのに、アソコをものすごく濡らしてしまっていたんですから。


k0122_s.jpg

一筋の糸をひくように、口からヨダレがこぼれ落ちているのがわかるでしょうか。

ご覧のとおり緊縛×目隠し×ボールギャグです。

緊縛されて体の自由を奪われる。

目隠しされて視界の自由も奪われる。

さらにボールギャグで言葉を発する自由も奪われる。

しかも、いずれヨダレを垂れ流すという、避けようのない恥ずかしい瞬間が待っています。

初めてにしては結構なSM系の責めだと思います。

でも、それが性的興奮につながってしまうことがあるんですね。


もちろん、これだけでは終わりません。

このまま立たせて電マ責め。

2分過ぎ、恥ずかしい瞬間が訪れるとともに、彼女の興奮もマックスに。

この状態にもかかわらず、イッてしまいます。

(撮影時の状況の関係で、やや画面の明るさにちらつきがあるのはご容赦ください。)




こうした内容をどう感じるかは個人差があって当然です。

きっと、ダメな子は全然ダメでしょう。

それはそれでわかりますし、そういう子が無理をする必要は、まったくありません。


いっぽうで、個人的には、とってもエロいと思います。

同じようにエロいと感じた子は、自分がこうされると興奮してしまうタイプでしょう。

そして、こんなふうにされてみたいという願望があることを認めていいと、私は思います。

理由は>>女性の願望や妄想についてに書いてあります。


そうそう、ボールギャグの画像はこちら。

リンク先に詳細な説明があります。

口枷 JOINT_003
口枷 JOINT_003


画像はアダルトグッズ:NLSさんから。

これが一番基本的な形です。

何種類か出ていますし、NLSさんでは扱っていないものもあります。

またボール以外の形状のものもあります。

興味のある方は、いろいろ見てみるといいですよ。


それで、ボールギャグの注意点をいくつか。

まずベルトの締め具合。

きつく締め過ぎると、唇がベルト部分の圧力で切れることがあります。

両手の人差し指を口に入れて、「イーッ」って左右に引っ張るでしょ。

締めすぎるのは、あれをずっとやっている状態のようなものだと思ってください。


だからといって緩すぎると、また微妙です。

舌でボールを押し出して唾液を飲み込むことができるからです。

ですので、羞恥プレーとしては失敗になります。


横から見た場合、ほぼ水平の後頭部にベルトを回すか、それとも首の辺りまで下げるか。

あるいは、髪の毛の上からベルトを締めるのか、それとも髪の毛を外に出すのか。

そうしたことでもフィット感や最適なベルトの長さは変わってきます。


また、日本人女性の口からすると、ボールが大き過ぎるものが多いです。

そのため、長時間の着用は顎に負担がかかるので注意してください。

選ぶ際もサイズには注意したいものです。


最後に、今回の内容について。

原則NGなしでお願いしている体験ですが、ボールギャグに関しては例外にします。

かなり抵抗ある子もいると思いますので。

・・・今ホッとした子がいたでしょ?(笑)


でもね、実はこんなふうにされてみたいって子もいるのは、よくわかっています。

なので例外というより、基本的には希望した子にのみやる方向ですね。

ですから、ご応募のときあるいは体験のときに、そう申し出てください。

間接的にでもいいですよ。

あとやるとしたら、今回のように私がインスピレーションを感じた場合のみです。


それに、もともと体験時ににはギブアップルールがあります。

これ以上はきついなーとか、それはちょっとと思ったら、「ギブアップ」と一言言えば、すぐにそれはやめます。

ですので、体験は安心してご応募くださいね。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?