Photo Gallery

新たな女の子あみちゃんです。

彼女は以前、再応募ごめんなさいした子でした。

先日のリセットにともない再度ご応募いただきました。


彼女は、経験はあるのですが気持ちいいと感じたことがなかったそうです。

オナニー経験もゼロだそうですから、ほぼ未開発という状態でしょう。


もちろん経験がなくても、あるいは浅くても感じられる子、イケる子もいます。

逆に経験豊富でもいまいち感じられない、イケない子もいます。

ほぼ全ての男性が感じてイケるのに比べると、この点女の子は不公平ですよね。


k0147_s.jpg

さて彼女は、今まで気持ちいいと思ったことがありません。

なので、いろいろな経験を通じて、どんなことが好きなのか知りたいと話してくれました。

ブログを見ていて、軽いSMっぽいことや緊縛、電マ、催眠などに興味を持ったそうです。


いろいろやったのですが、この記事では緊縛の部分を。

ブログに載っている緊縛姿を見て、きれいだなーと思ってくれたそうです。

そこで彼女も体験したいと。


今回、後手縛りに少し縄を追加しました。

胸の部分に斜めにかかっている縄です。

初めてやったので、実はちょっと間違えています^^;


初めて緊縛されてみた感想は、『嫌いではない。』って感じだそうです。

その他もろもろ含め、特にMっ気がある感じではなかったですね。


k0148_s.jpg

これは立っている状態です。

この後、緊縛して立たせたまま電マ責めして感じまくっています。

ただ、このときは露出設定が合わなかったみたいで、画面がチラチラしています。

なので泣く泣く動画掲載は見送ります、すみません^^;


縛るときに気づいたのですが、彼女のバストサイズについて。

本人はCカップだと話していましたが、どう見てもC以上ありました。

なので、ちゃんと計ってもらったほうがいいよーって話しました。


きちんとした下着屋さんでブラを測ってもらうと、上のサイズになることは結構あります。

学生さんなどは手近なもので済ませる方もいると思いますが、一度見てもらといいですよ。


あ、冒頭で彼女は今まで感じたことがないと書きました。

この体験では、クリも中も充分感じるところまで達しました。

気持ちいいという感覚や、もっとして欲しいという欲求も自覚できるようになりました。

これから経験重ねれば、どんどんよくなっていくと思います。


●2016年8月から「それ以前にご応募いただいた方の再応募不可のリセット」を行いました。
当てはまる方、詳しくは、>>こちらの記事をお読みください。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
Mっ気の強い奈々ちゃん。

お尻を叩かれたいという願望もありました。

叩かれると性的に興奮するんですね。


m0030_s.jpg

こういう願望のある子は意外といます。

>>しおりちゃんもそうでした。

決しておかしいことではないです。

その刺激や行為が性的興奮と結びつくかどうかなので。

結びつくきっかけさえあれば、誰でもそうなる可能性はあるんですよ。


さて、奈々ちゃん。

とっても叩きがいのあるお尻をしています。

本人は、『大きいんですー。』と気にしている様子でしたけど。

大きいのは大好物なんで(笑)


女性の思うスタイルの良さと男性の思うそれって全然違いますよね。

その辺のことも、いずれ記事で書こうと思っています。

エロ目線に特化して。


で、お尻を叩くとこんな反応を見せてくれました。

いい声ですよ。




ちなみに、先ほどのしおりちゃんのときは催眠をプラスしています。

もともとお尻を叩かれたい願望があったところに、叩かれると感じる催眠を入れました。


ですが、奈々ちゃんにはそれはやっていません。

純粋に叩かれて興奮しています。

彼女の前回の記事での感想にも書かれていたと思います。


もっと細かいことを言うと、叩かれ方にも好みがあります。

彼女の場合はそこまで強くはないほうが好みでした。

でも、もっと強い方がいいという子もいるわけです。


どんな性的嗜好もそうで、好みは本当にバラバラです。

その辺をうまく意思疎通してすり合わせできると、楽しいエッチになるのかなと。


さて、ちょっとご案内です。

大変申し訳ありませんが、今年中に書く予定だった膣トレの記事、延期します。

それに限らず、さっき上で触れたものも含め、その他書く予定だった「長文記事」も同様です。

当面は基本女の子の記事、ときどきお知らせ、必要な場合のみコラムといった感じで。


延期の理由は、ブログに関する技術的な面になるので詳しくは書きません。

ただ、よりよいブログ運営上やむを得ない判断と理解してください。


書く予定だった記事は、その時が来たら必ず書きます。

膣トレの記事は構成もできていますし。

楽しみにしていてくださった方々には申し訳ないのですが、お待ちくださいね。


あと先週もご案内しましたが、来週22日土曜は応募受付の予定です。

通常の記事更新はありませんので、よろしくお願いします。

次回にかぎらず、今後体験希望の方は来週の記事をチェックしておいてくださいね。


●2016年8月から「それ以前にご応募いただいた方の再応募不可のリセット」を行いました。
当てはまる方、詳しくは、>>こちらの記事をお読みください。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事
おなじみの唇や舌が感じるようになる催眠です。

みゆちゃんの催眠のハマりやすさは、なかなかでした。

ハマるものとハマらないものとの差がはっきりしているタイプでしたね。


s0032_s.jpg

舌や唇が感じるようになるやつは、何度も登場しています。

「またか。」と思った人もいるかもしれません。

まあ、そう思わずに^^;

少なくとも、ここでの催眠が実在する技術であることを納得していただければ。


催眠って、人間が本来持っていて普段活用している能力を応用しているだけです。

なので、程度の差こそあれ誰でもこうなりますし、できます。

特に女の子はキスが好きな子多いので、その流れで舌や唇が感じるようになりやすいです。


本当はキスだけでイクのとかも載せられたら載せたいんですけど。

このブログ的にはちょっと無理ですね^^;


ちなみに、フェラをすると感じる催眠もアプローチは似ています。

要は体が受け取る刺激を、脳が快感と判断すれば感じます。

で、その快感がきっかけでイクと判断すればイキます。




そうそう、彼女の経験でおもしろいものがあります。

子供の頃、緊張の極みに達する出来事があったそうです。

『どうしよう、どうしよう。』と思っているうちに、イッてしまったそうです。


つまり脳が快感と判断しなくてもイクと思えばイクってことですね。

性的刺激とは直接関係なくてもオーガズムって起きるんです。


物理的なものだと筋トレ中にイッてしまうコアガズムとかそうですね。

以前にも書いたと思いますが。

ただ、それは途中で快感感じているパターンかと思います。


こうした話は、たしかに多くはないかもしれませんが、意外と経験している人はいます。

みゆちゃんは>>縄酔いしたということもあり、そうしたレアな体験をしやすいのかもしれません。


こうしたレアな体験をしたことがある人は、読者の中にもいるかもしれませんね。

例えばコアガズムなら、スポーツがっつりやっていた子とか、どうなんでしょう?


さて、次回の応募受付についてです。

今月22日土曜にします。

なので、その日の通常記事更新はありません。


応募条件等は基本的に変更ありません。

再応募不可のリセットについても前回と変わりません。

というか、それは当面継続します。


ただ、今回はスケジュールがちょっと変則的です。

11月から1月体験希望の方まで受付します。

というのも偶数月受付のままだと、12月下旬に次回の応募受付をするハメになるので^^;


11月希望の方お二方ほど。

12月、1月希望の方合わせて2~3名ほど、という形になるかと思います。

1月体験の方は少し先になるので、お待たせして申し訳ないのですが、よろしくお願いします。


で、来年最初の通常受付を1月下旬にし、以降奇数月受付に変更の予定です。

その他少し変更があるかもしれませんので、体験希望の方は22日の記事チェックお願いします。


●2016年8月から「それ以前にご応募いただいた方の再応募不可のリセット」を行いました。
当てはまる方、詳しくは、>>こちらの記事をお読みください。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

WHAT'S NEW?