女性がいくときの筋肉の反応 ちはる

 16, 2013 07:43
記事タイトルが何かの資料みたいになってしまいました^^;

内容的にも、ちょっとそれっぽい感じかも。

ちはるちゃんの2回めの中いき開発のときの動画なんですが、特に女性には一度見てもらいたいなと。

女性がいくときに、どこの筋肉がどう反応するかが、わりとわかりやすいんじゃないかなと思うので。

ちなみに、>>連続イキを深呼吸で修正する中イキ開発 女子大生ちはるより、時間的には前になります。

そちらも筋肉の反応はわかりやすいかもしれません。


ic0012_s.jpg

ところで絶頂、アクメ、オーガズムの定義ってわかりますか?

「女性がいくとは、どういうことなんだろう?」ってことですね。

個人的な意見は脇へ置いといて、一般的な定義を調べてみます。



累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり(以下略)

全身の骨格筋の収縮、過度呼吸、心悸亢進、および骨盤まわりの筋肉のリズミカルな収縮を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至ること。

心理学的・生理学的な性的刺激による静脈の鬱血や筋緊張の増大からの解放としてオーガズムが引き起こされる。

(Wikipedia「オーガズム」より抜粋)


「筋緊張の増大からの解放」

つまり、筋肉にギューっと力が入ってから、パッと力が抜けることですね。

それが体の面から見た場合の、女性がいくのに大事なポイントなんです。


体験に来てくれた女の子にも話すことがあるんですけど、筋肉ってほんと重要です。

女性の感度や、いくことに大きく影響します。


例えば、必要以上に食事制限でダイエットすると、筋肉が減ります。

そうすると、女性は感じたりいったりしにくくなることがあるんです。


また、こんな例もあります。

>>エッチで感じたりイッたりするための一人エッチのやり方にも書きましたが、コアガズムという現象があります。

ジムなどで女性が筋トレしてると、いくことがあるという現象です。

つまり筋肉を鍛えると、筋肉の収縮と解放だけでもいくことができる女性もいるわけです。


足ピンオナニーが癖になってしまう女性は、少なくありません。

それは、そのほうが筋肉に力が入りやすいため気持ちよく、また女性にとっていきやすいからです。


要するに、女性がいくことには筋肉が深く関係しているんです。

なので体験に来てくれた女の子には、「食事制限でダイエットするより、筋トレしなよー。」なんて話をします。

>>女性の絶頂ブログ 体験女性の感想で、優菜ちゃんが、「まずわたしは筋トレから始めようと思います。」なんて書いてくれているのも、その話をしたからです。

特に重要なのは、お腹から太ももまでのあたりの下半身の筋肉です。


もちろん個人差があるので、ぽっちゃりでも痩せてても、いける女性はいけます。

その女性がいくのに充分な力を入れられる筋肉があるか、ということがポイントですから。

それに、女性がいくことには筋肉の影響があるのは確かですが、それが全てじゃないからです。


でも、筋肉を鍛えて損することはないはずなんですよ、ほとんどの女性には。

だってウエストが引き締まって、くびれができます。

ヒップが上がって、スタイルがよくなります。

太ももも適度にむっちりしているほうが、多くの男性に喜ばれます。

そして感じたりいったりしやすくなります。

しかも女性がいくときの快感、気持ちよさのレベルも上がります。


女性とって筋トレは、ちょっと抵抗があるかもしれませんし、続けるのは面倒かもしれません。

でも、やってみるときっといいことがありますよ。

ちょっとやそっとじゃムキムキにはならないので大丈夫です。


さて、ちはるちゃん。

高校までスポーツ漬けだったそうです。

確かに体は引き締まっていて、女性としては珍しい筋肉質。

ヒップも太もももしっかりしています。


そのうえ、生まれつき中いきしやすい体質の女の子です。

マリモが今までにお会いした女性たちの中でも、中いきのしやすさはトップレベルでした。

それもブログ開始後だけでなく、ずっと前からトータルで見ても、です。

そのため経験人数1人、回数10回以下というエッチの経験がゼロに近い段階からのスタートだったにもかかわらず、もろもろの過程をすっ飛ばしていきなり中いき、連続いきを経験しました。


最近では、ありがたいことに彼女の希望もあり、定期的にお会いしています。

前回(3回め)は、そうですね、トータル100回以上は確実に中いきして、最後はいきっぱなし状態になりました。

「いちばん気持ちいいところから落ちずに、ずーっと一番上にいる感じです。」だそうです。

その後の余韻状態ですら、体を撫でているだけで連続でいくレベルまで感度が上がりました。

ただ前回は撮影一切しなかったので、その様子はまたいずれ撮れたら。


この動画のとき(2回め)は、バックからの中イキ開発の様子を撮りました。

見ていただくと、Wikipediaのオーガズムの定義にかなり当てはまることがわかるかと思います。

また彼女がいくときに、どこの筋肉にどう力が入っているか、わかるんじゃないかと。

下腹部の腹筋、脇腹、腰回り、ヒップ、太ももなど。

それらの部分の筋肉が、女性がいくときのポイントになる筋肉だということです。


いわゆる膣トレも含めて、女の子はぜひ、それらの部分を意識的にトレーニングしてみてください。

どうしてもモザイクが必要なぶん、見えづらいところもあるかもしれませんが、それはご容赦を。




あと余計なことかもしれませんが念のため、男性がこの動画を見た場合のお願いです。

決して手の動かし方を、そのまま真似しないでくださいね。

ちはるちゃんの場合は、このときはこれがよかったからこうしているだけです。

気持ちのいい動かし方は女性によって違いますし、同じ女性でも日によって変わることがあります。

このまんまやると、まず確実に女性に痛い思いをさせちゃいますから。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ