歩くと感じる催眠 アヤ

 01, 2014 09:25
今日の記事は後半グダグダです。(おい)

さて、アヤさんの素材が多いので、ローテーションを崩して、今日はアヤさんに登場してもらいます。

ブログに登場する子の中では、過去最高レベルに催眠がハマりやすいアヤさん。

今回は、歩くと感じる催眠を撮りました。


歩くと感じる催眠は、過去には奈緒ちゃん、優菜ちゃん、ナミさんでもやりました。

奈緒ちゃんはバッチリだったのですが、部屋が狭いので映像はお蔵入りさせました。

もしかしたら引っ張りだしてきて載せるかもですが。

優菜ちゃんは催眠のハマり具合は悪くはないのですが、よくわかるってほどでもないのでお蔵入り。

ナミさんは、女性の快感呼吸催眠 ナミで書いたように、催眠から覚めちゃってボツに。

ですが今回、アヤさんの催眠のハマり具合と、部屋の広さと明るさがいい感じだったので、バッチリ撮れました。




歩くと感じる催眠って、最初意味がわからないと思います。

実は私もわかりません。(おい)

いいんです、意味がわからなくてもそうなるので。

それで、歩くと感じる催眠って女の子によって感覚が違うと思うんですよ。

なので催眠誘導するほうも、女の子が納得しやすい感覚に合った表現を、その場その場で探りながらやるんです。


例えばね。

「足の裏が、まるでクリトリスになったかのように敏感に感じるようになるよ。」でもいいんです。

「歩くたびにクリトリスが擦れて感じるよ。」でもいいんです。

「足を踏み出すとアソコの中に振動が伝わって感じるよ。」でもいいんです。

「歩くたびに感じるよ。」でもいいんですよ。

もちろん他の表現でもいいですし、もっと詳しく具体的に、擬音語なんかも盛り込むこともあります。

要は、あなたがそれで歩いて感じる状態になればいいので。


理屈関係なく納得できることってあるでしょ?

だからエロ催眠にバッチリとハマることができると、理屈関係なく歩くだけで感じてフラフラになるんですよ。

動画のように。


「どうする?今日このまま帰る?」

『無理無理無理!』

なんて会話をするのが定番ですね、歩くと感じる催眠の場合。

ご覧のように、亀といい勝負になるくらいの速度でしか歩けなくなるので、無理って言いたくなる気持ちはわかります。

本当は、外でやるともっとおもしろいんですけど。

デート中に指パッチンで歩くと感じるスイッチを入れるとか。

リモコンバイブとは、また違った楽しみですね。

Mっ気を自覚していて、恥ずかしいことをさせられると興奮して感じてしまうような子にはお勧めです。


勝手な意見ですが、催眠にハマれる人って、想像力が豊かで頭が柔らかいです。

芸術関係の仕事をしていたり、そうした趣味を持っている人に多いですね。

特にアーティストで大成する人って、そのへんがずば抜けているかもしれません。

だから芸能関係とか芸術関係の仕事をしている人、あるいは目指している人は、催眠体験しておいたほうがいいかも。


それで思い出したんですが、先日声優の永井一郎さんが亡くなりましたよね。

永井さんの著書を読んだことがあるんですが、「あーこれ催眠状態で起きる現象だなー。」って逸話が載ってます。

永井さんが演技を教えている後輩の話でしたが、なんだっけな、焚き火のシーンをアドリブでやらせたら、本当に焚き火にあたっているかのように体が暑くなってきて顔が紅潮してきて…とか、そんな内容だったと思います。

芸術・芸能関係のプロのトレーニングにも、催眠が関係してくるんだなと、興味深く感じたのを覚えています。


まあ、そもそも催眠状態って何も特別なことじゃないですから。

想像したことが心と体に反応を引き起こすっていう現象は、あなたも普段から体験していますよね。

このブログ読んでいる女の子向けだと、例えばさ、エッチな夢見て起きたら濡れているってことあるでしょ。

あるいは起きている時でも、エッチなことを想像したら濡れているとか。

これらも想像したことが体に反応を引き起こしている例ですよね。

催眠って、その延長線上にあるだけのこと。

だったら、歩くと感じるって想像したら、歩くと感じるようになっても、何もおかしくないでしょ?


ただヨガとか瞑想に触れたときも書きましたけど、催眠とか能力開発とか、そういったジャンルの教室やワークショップって、ちょっと変な宗教が絡んでいるケースがあるので、注意ね。

今はネットでいろいろ調べて本も取り寄せられるんですから、まず自分でやってみてください。

で、エロい催眠を体験したくなったら、ここね(笑)


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ