体験応募から感じたこと

 09, 2014 12:00
● 今回の応募受付について

先日の応募受付では、24時間で29名もの女の子からご応募をいただきました。
それだけ多くの子からのご応募があるのはありがたいです、本当に。
ただいっぽうで、ほとんどの子のご希望を承ることができないのが、申し訳ないです。

体験希望を承れなかった方、本当にごめんなさい。
3年目突入時の記事に書いたように、時間ベースで見た応募数は減ると予想していました。
むしろ増えちゃいました^^;

朝6時半くらいの時点で13名と、昨年後半の応募受付期間2週間のときの応募総数を上回っていました。
また前回の臨時応募受付のときの応募数(20時から朝6時半くらいまでの期間)も超えていました。

そのため応募数が増えることは途中でわかったんです。
ですが、深夜0時からの受付開始ということもあり、タイミング的に応募できなかった人が出るのを避けるため、丸1日受付期間とさせていただきました。
そのために、結果として多くの方のご希望を承ることができず、ほんとうにすみません。

前から言っていますが、応募条件を満たしている子は、もしこのブログが始まったころに応募してくれていたら、きっと体験していただいていたであろう子ばかりなんです。
多くの子が応募してくれるようになったための、やむを得ないこととご理解いただければと思います。

ちなみに選ばせていただく際ですが、例えば芸能プロダクションのオーディションのように写真だけ見て数秒で判断する、といったようなやり方はしてません。
写真を拝見し、文面を拝読して、「この子はどんな子なんだろうなあ」「どんなことがしたいのかな」「ここでいい体験ができるかな」といったことを1人1人想像しています。

メールでも書きましたが、優劣の差ではないですよ。
他の子にくらべて女性として何かが足りなかった、ということでは絶対にありません。
ほんと、運というか縁というかタイミングというか、そういう部分です。

とはいえ、ご縁がなかった子にとっては本当にショックだと思います。
もう、すみませんと言うしかないです^^;

それで、今回多くの子からご応募いただいたなかで気づいたことを、いくつかシェアしておきます。
といっても今回ご応募いただいた子たちに限った話ではなく、前々からそうしたケースがあった上での話です。
アラフォーの単なるエロいオッサンの戯言なので、食べたり飲んだりしながら適当に読んでください。
読まなくてもいいです。

ちょっと普段よりくだけた感じの文体で書きますね。


● だから思いつめ過ぎたり切羽詰まり過ぎたりは墓穴だよって

「イッてみたい。中イキ体験してみたい。」といったご応募は多いです。
それは全然構わないのですが、思いつめ過ぎ、切羽詰まりすぎな子が、まだいます。

思いつめ過ぎ、切羽詰まりすぎってことは、そもそもエッチを楽しめていないわけですよ。
「またイケなかったらどうしよう。」といった、不安や緊張や恐れなどの感情を抱えてエッチすることになるから。

それと経験が浅い段階でイケるようになるかって言ったら、現実的にはそうじゃないケースのほうがずっと多い。
だから焦らないことです。

でね。
もう10年前のニュースですが、オランダのフローニンゲン大学の研究で、こんなのがありました。
専門家でも医者でもないのでざっくりとした説明になりますが。

偽のオーガズムの場合は、大脳皮質など脳全体が活性化していたのに対し、本物のオーガズムの場合は、大脳皮質を含む脳全体の機能が大きく低下した。特に、人が恐怖や不安を感じる扁桃体という部分の機能が働かなくなることがわかった。

意訳のうえ一部引用:Scan spots women faking orgasms


偽のオーガズム、つまりイッたフリをしているときは脳が活発に動いていると。
で、本当にイッたときは脳の働きが一時的に「ご休憩」するってことですね、ご宿泊じゃなくて。
特に、恐怖や不安を感じる扁桃体という部分が、そうなると。

逆に言えば、余計なことを考えたり気が散ったりして脳が活発に動いているときはイキにくいってことになるし、恐怖や不安を感じていて扁桃体が活性化しているとイケない、ということでもあるわけ。

イケるかどうか気にしてゴチャゴチャ考えていたり、切羽詰まった状態でネガティブになっていたり、焦っていたりすると、ますますイケない状態に自分を追い込んじゃうんです。

またこの扁桃体って男女で働きに違いがあり、女の子のほうが反応しやすいとされているんですね。
だから、不安や恐怖を感じるのも女の子のほうが強いし、例えばエッチで痛い思いをしたらすぐエッチが怖くなったり不安になったりしやすい、とも言えるかもしれません。

それだけに難しいことと言えるかもしれないけれど、だからこそいったんイケないことへの不安や、イカなきゃいけないといった変な義務感は忘れたほうがいいよ。
そうした気持ちを感じていると、扁桃体が元気ビンビン(?)になっちゃって、なかなかイケる状態にならないから。

だから、そういう気持ちを感じなくていい相手と、感じなくていい状況、関係性でエッチすること。
そうすると結果的にいくことに近づく、というわけね。

「そうしたいから応募したのに、お見送りしたじゃない!(●`ε´●)」
って言われたら、すみませんと言うしかないんですが^^;
ほんと誰かコピーロボットくださりやがれ、3体くらい。


● 中イキはできる子のほうが少ないんだよ

前から書いていますけど、女の子って必ずしも全員が全員生まれつきイケるわけじゃないんです。
イッたことがない子、クリいきしかできない子、オナニーでしかイケない子、いっぱいいます。
イクのには、イクことを学ぶ経験が必要な子が多いのね。

しかもエッチで中イキしたことのある子は、少ないんです。
調査により割合はまちまちですが、傾向は同じです。
これ日本だけじゃなく、エッチにオープンな女性が多い印象のアメリカでも、実は同じね。
他の国も概ねそうだと思います。

このブログ見てると感覚麻痺するかもしれませんが、必ずしも全員中イキできるとは限りません。
それに、ちゃんと載せてあるように、ここで体験したけれど1回では中イキまでいかなかった子だっていますよ。

イクのは結果。

エッチの面では信頼できる相手と、余計なことを考えず没頭して楽しめるエッチをくり返し経験することで、結果的にイケるようになるんです。
そして中イキは、その先の段階であることが多いんです。

これも上で書いたことのくり返しになるけれど、中イキしたいって気持ちはあっていいけれど、エッチのときはいったんそれは忘れたほうがいいよ。
忘れるというか、考えなくていい状態でエッチする、といったらいいかな。
「頭のなかでゴチャゴチャ考えて」しまう原因になるからね。

「イケなくても自然なこと。イケたらラッキーなこと。」くらいに思って、エッチそのものを楽しんでいいんですよ。
妙な義務感は捨ててね。


● 気持ちいいのにイケないからといって、刺激を強くすればいいというものでもないんだな、これが

今回印象的だったのが、今までいろんな経験していて人数も多くエッチでは気持ちいいのに、「なのにイケません。」ていう子ですね。
結構刺激的な行為をしている子も何人かいました。

行為の是非はどーでもいいです。
マリモだって過去にはいろいろ経験したし。

ただね、これが難しいところなんだけど、経験人数を増やしたり、いろいろな体験をしたり、刺激的なことを追求したりしても、それがイクのと関係あるかというと、そうでもないんですね。
こんなエロいことやっているブログで言うのも矛盾していますが^^;

イクのは脳であり、その反応はあなたの中で起きること。

前の記事で、舐めないクンニや動かさない愛撫の話したよね。
また以前、ちょっとした刺激と呼吸だけで自分でオーガズムに達している人のYouTube動画紹介したよね。
それに世の中には、想像だけでイケる女の人だっているんですよ。
それらの例のように、ほとんど刺激を与えなくても感じてイクことはできるんです。

だから、どんなに刺激的なこと・過激なことをしてもイケないって子は、むしろ逆かもしれないね。
いったん刺激的な行為から離れてみるのも手かもしれないし、それをやっているパートナーとの関係性を見直すのもありだと思います。
個々の事情でまた変わるので、これくらいしか言えないけど。

「気持ちいいのにイケないのは刺激が足りないからだ。」ってのは、違うかもねって話でした。


● とりあえず自己開発とかエッチなトレーニングをやるとしたら、どれならできそう?

ブログで自己開発のやり方とか。感じたりイッたりしやすくなる練習方法、いくつか書いてあるよね。
探せばそういうものはいろんな本、雑誌、ネットで見つかります。
ここより詳しく書いているものもたくさんあります。
もともとここは体験した子のドキュメンタリーがメインで、テクニカルな話はサブだからね。

でも、実際にエッチなトレーニングをやってみる人って意外と多くないんですよね。
続ける人はさらに少ないです。

例えば膣トレってあるでしょ。
あれ続けるとトレーニング中にイキそうになることだってあるんですよ。
実際にイケる人もいるでしょう。
コアガズムっていう、筋トレ中にイッちゃうケースの話を前にしたと思うけど、それと似ています。

元祖膣トレとも言うべきPC筋のトレーニングだって、調べれば簡単にやり方は見つかります。
また膣トレや下腹部周り、ヒップ、太ももといったところの筋トレは、個人差こそありますが効果ありますよ。

スポーツならヨガやバレエなどがいいよってことは、前に書いたと思う。
いわゆるインナーマッスルを鍛えられるような運動ってことね。
それと筋トレだけじゃなくストレッチで柔軟性を高めたり、体のバランスを整えることも効果的。

一番シンプルなのは歩くこと。それも大股でね。
太ももむっちり引きしまるし、ヒップも上がるし、感じやすくイキやすくなる効果が期待できるよ。

ただトレーニングが効果を発揮し出すのって、早くても数ヶ月かかるのが普通。
だから、できるだけ楽しみながら気長に続けるのがコツ。
あとスキマ時間を使うのもコツですね。

仮にやって、思った通りの成果が出なくても、がっかりすることはないです。
スタイルがよくなるとか、雰囲気がいろっぽくなるとか、何らかの副産物は必ず得られるから。

だから、なんでもいいから、あなたがやってみたいと思ったトレーニングはやってみて続けてみるといいですよ。
いろいろ調べてみてね。
どれならできそう?


とまあ、こんな感じでしょうか。

毎回ご応募が多数ありますので、なかなか皆さん全員とお会いすることはできないのですが、ここでのご縁があれば嬉しいですし、ご縁がなかったとしても何か行動してくれたら嬉しいです。
「初めての方はこちらから」で書いてあるスタンスで、このブログを運営していますから。

多分今年中に、あと1回は応募受付できると思います。
今回と同様に、週1回程度見に来れば告知を見落とさずに済むようにしておきますね。

では。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ