赤文字系雑誌風 30歳OL

 21, 2012 18:48
昔のエロ催眠の体験談です。

今回は、30歳のOLの方にエッチな催眠をしたときの話。


最初にmixiで連絡をいただきました。

当時はmixiが今ほどアダルトに厳しくなかった時代でした。

マリモが日記に書いていた内容も、エッチな催眠やエロ催眠ばかりだったんですけどね。

それを読んで、連絡してきてくれたと。


この方が印象に残っている理由があります。

「催眠を教えて下さい。」という希望だったからです。

実際に体験しつつ、またやり方を教えて欲しいということでした。


何度かやり取りをした後、実際にお会いしました。

20代半ばくらいにしか見えない、cancamなどの赤文字系雑誌風のファッションをした、かわいらしいOLさんでした。

催眠を教えるということでお会いすることになったので、マリモのことを

「せんせい」

と呼んでいましたね、お会いしたとき。


個室居酒屋を予約しておいたので、そこで飲んだり食べたりしながら、催眠の説明から入りました。

そして催眠のやり方を教えながら、実際に体験してもらいました。

いつも、誰に対しても、最初は普通の催眠から入ります。

そこから徐々にエロ催眠に移行します。

個室居酒屋では、腕が動かなくなる、立てなくなる、食べ物がおいしくなる、飲み物のアルコールが強くなる、といった定番の催眠をやりました。


そうそう、催眠状態では食べ物や飲み物がめっちゃ美味しくなります。

脳がそう認識するようになります。

エロ催眠をやるときでも、飲んだり食べたりしながらやることがほとんどなので、これは誰に対してもやりますね。

食べ物や飲み物が美味しくなると、女性は喜んでくれます。

アルコール度数を高くすると、早く酔っちゃいますw


で、その後カラオケに移動して、エッチな催眠をやった記憶はあるんですが・・・

うん、スカートは履いたままパンツを脱がせて手マンしていた記憶があるぞ。

感度を上げたり性感帯を移動させたり増やしたりした流れで、そうなったんでしょう。

本来は、本格的にエッチなことはホテルでするんですが。


普通はエッチな催眠やエロ催眠、ましてや普通の催眠を人に教えることはしていません。

エッチな催眠 エロ催眠 きっかけでも書いたように、マリモ自身は教わらずに催眠を身につけました。

ですので皆さんも、わざわざ習わなくともできると思っているからです。

特に男性、高いお金払って習いに行くのは、自分で学んでからでも遅くはないですよ。


●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページからご連絡ください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ