あぐら縛り電マ責め みゆ

 11, 2017 08:23
みゆちゃんの緊縛あぐら縛り電マ責めの様子です。

なぜ緊縛好きな子って結構多いのでしょうね?

人間って、ある程度不自由なほうが安心するからでしょうか。


k0151_s.jpg

とはいえ緊縛や拘束は、キツさと時間には注意したほうがいいです。

何度も書いていますが、あぐら縛りは長時間は厳禁です。

あと後手縛りで仰向けに寝かせるのも同様です。

要は、縛っている箇所に力が長時間過度にかかるのは危険だということですね。


釣りはやったことないのですが、あれこそ長時間はダメ絶対。

実際に事故がニュースになりましたね、昨年。

事故を避ける方法はいろいろ考えられます。

例えば、普段縛る側も、縛られてみる経験ってあったほうがいいかも知れませんね。


k0150_s.jpg

ボールギャグ。

口の自由を奪うので、言葉を話せなくなります。

また唾液を飲み込めなくなるので、ヨダレが垂れ流しになります。

拘束、支配、羞恥といった属性のプレイの1つですね。


ちなみに、よだれが出るまでは結構時間がかかることが多いです。

あるいは人によっては思ったほど出ないこともあります。


実はポイントは、キツめに着用することなんです。

緩いと舌と下顎が動かせるので唾液を飲み込めますから。

ただ女の子の様子をちゃんと確認しながらじゃないとダメです。

キツすぎると唇が切れちゃう可能性があるので。


あと上向かせると飲めちゃうんですよね。

だからそうさせないようにすること。

なんにせよ、これも顎が疲れるので長時間はダメです。




あぐら縛りの状態で電マ責め。

S心、あるいはM心をくすぐるプレイです。

縛られて責められて、快感とともに泣き叫びたいって子、少なくないんですよね。


あ、それで。

前から書こうと思っていて、多分書いていなかったことです。

今回のようなSM的な内容、さらに言えばエッチ全般に言えると思うんですけど。

相手にする行為は、可能な限りまず自分の体で試してみるほうがいいと思いますよ。


例えば、いわゆる手マン。

指使いを自分の舌で確かめる方法があります。

愛撫も自分の体で試すことはできますよね。

緊縛だって、縛るキツさなんかは自分の脚で試せますよね。

ボールギャグなどの拘束具だって試せます。


男女の体の構造の違いから物理的に無理なことはあります。

でも、そうじゃないことは自分の体で試してからのほうがいいかと。

試して大丈夫だっから相手にもやっていい、ということにはなりませんけど。


私?

もちろん試せるものは過去に全部試してますよー。

じゃなきゃ安全なレベルとか、わからないですからね。


あ、それで大切なお知らせです。

体験応募ですけど、数ヶ月おやすみさせていただきます。

言いたくはないのですが忙しすぎて^^;

ちょっと体験に取れる時間その他の余裕がまったくなくなりまして。

楽しみにしていた方もいらっしゃると思うのですが、どうかお許しくださいm(_ _)m


予定としては5月くらいには再開できればと思います。

早まるかもしれませんし、遅れるかもしれません。

ただ、落ち着いたら必ず再開しますので、その点はご安心くださいね。


なお記事の更新はペースを落とし、2週間に1回程度で続けます。

またTwitterはちょこちょこ更新するかもしれません。

くり返しますが、必ず再開しますので、しばらくお待ちくださいね。

以上、よろしくお願いします。


●2016年8月から「それ以前にご応募いただいた方の再応募不可のリセット」を行いました。
当てはまる方、詳しくは、>>こちらの記事をお読みください。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(一番上は広告です。全て登録時点で安全確認済みです。)Powered By 画RSS
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ