入り込むことと快感やオーガズムの関係 おから

 07, 2018 08:03
セックスのとき集中・没頭できると感じたりイッたりしやすいということは何年も前から書いていますし、いろいろなメディアでも目にするようになったと思います。

でも集中とか没頭と言われても、ピンとこないという子も多いかもしれません。

m0033_s.jpg

たとえば面白い映画を見てあっという間に2時間経っていたとか。

読み始めた漫画が楽しすぎて気がついたら何時間も読んでいたとか。

そういった、「夢中になってあっという間に時間が経過している」状態がいいんですね。

言い換えると、「入り込んでいる状態」。

なのでエッチのときに生まれる空気感だったり、設定だったりに入り込みやすい子は、感じたりイッたりしやすい傾向にあります。

今回初体験のおからちゃんも、入り込みやすい子でした。

体験女性の名簿用画像を撮影しているときから興奮し始め、性感マッサージのときも体に触れる前から足と腰をモゾモゾと動かすような子でした。

体験のシチュエーションや、これから起きることを想像し、その内容に興奮しているわけです。

しかも積極的に自分から入り込もうとし、それができる子でした。



※動画が修得できない場合はプレイヤー左上のリンクからFC2動画に移動して見てください。

このように状況や、やっていることそのものに入り込めると感度は高くなります。

入り込み方やきっかけは何でもいいです。

「こんなことされちゃっている私」に興奮したり陶酔したりしてもいいです。

特殊なプレイが入り込めるきっかけになることもよくあります。

よく「エッチのときの演技は良くない」と言われますよね。

男性に誤解を与える演技は確かに良くありません。

ですが、自分自身の気持ちを盛り上げるためにする演技はいいんですよ。

気持ちいいと思い込めば本当に気持ちよくなりますので。

逆に入り込めないとしたら、あるいは途中で覚めてしまうとしたら何か理由があるはずです。

それをクリアできれば解決に向かうこともよくあります。

あなたはどうなのか、ぜひふりかえってみてくださいね。

どんな条件のときに入り込めたのか、あるいは冷めてしまったのか。


●初めての方は、>初めての方はこちらからをお読みください。

●限定記事に興味のある方は、>限定記事についてをお読みください。

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ