処女喪失の様子 ちぃ

 15, 2018 07:52
体験に来てくれたときは、まだ男性経験がなかった、ちいちゃん。

処女とはいえ挿入型のオナニー経験は豊富だったので、処女喪失はスムーズでした。

特に痛みも出血もなかったので、終わった後にシーツを確認して、ちょっと残念そうにしていたのが印象的でした。

n0041_s.jpg

処女の子って初めてのときは、痛みに対する懸念や不安などがあると思うんですけど、あまり気にしすぎるのもどうかと思いますよ。

ちぃちゃんのように挿入型のオナニーで慣れていれば、痛みなどを感じる確率は大幅に下がりますから。

ではどうやって彼女が挿入型のオナニーをするようになったかというと、好奇心に負けて自分の指を入れてみたところから始まりだそうです。

同じようにオナニーのときに試しに入れてみたら入っちゃった、という子は意外といます。

まず自分の指を入れてみるっていうのは、慣れるための有効な方法の1つですね。

とはいえ、自分もやってみようと試したけれど恐怖心からブレーキをかけてしまう、あるいはなぜかうまく指を入れられないといったケースもあります。

そのときは無理に挿れようとはせず、アソコをほぐすようなマッサージからはじめてみるのもいいと思います。

あとはアソコ周辺を普段から観察すること。

どこがどうなっているのかよくわからないから、自分の体なのに自分で触れるのが怖い、ってこともあるんですよね。

で、その怖いって気持ちこそが痛みの原因になっていることも少なくないんです。

だから、それを減らすためにも自分の体をよく知ることって重要なんですよ。

"幽霊の正体見たり枯れ尾花"じゃないですけど、知れば「なーんだ」って思えるようなことって、エッチでもたくさんあります。

見て、聞いて、学ぶことって大切です。

それで、その恐怖心の部分で一番大事なのが、相手との信頼関係。

「たとえ痛くても、この人なら体をお任せしてもいいや。」と思えるかどうかって、すごく重要です。

だから初めては、見知らぬ他人じゃないほうがいい場合も結構あるんですよね。

処女喪失サポートをやっている男性を批判するつもりは全く無いですけど、女性の立場に立って考えたときに、果たして利用する必要がどれだけあるのかなーとは思います。

さて、ちぃちゃんが処女喪失したときの様子がこちら。



彼女は挿入型のオナニーで慣れていたうえに性感も開花していたので、こんなふうに気持ちよくなれました。

別に私がうまいからじゃないですよ。

言い換えれば、まだ処女の子も自分の育て方次第で、はじめてのときでもこんなふうに痛みを感じず気持ちよく卒業することもできるんですね。

なので、「誰か上手そうな人に頼ろう。」と考えるよりも前に、自分の体を自分の手で育ててみてくださいねー。

さらに言えば、それは処女の子に限った話ではないですよ。

どんなオナニーをすればいいのかは、たとえば>エッチで感じたりイッたりするための一人エッチのやり方などを参考にしてくださいね。

さて来週は今年最後の記事ですが、去年やらなかった振り返りや、お知らせの内容です。

12/29はお休みで、新年の更新は1/5または1/12からです。

それから次回の応募受付再開は1/25前後の予定です。

2月のどこかで体験したい方、1~2名様とお約束を考えています。

いずれもスケジュールが決まったら>Twitterでお知らせします。

●ここでの体験に興味のある女性は、>>お問い合わせページをお読みください。
>>女性の絶頂ブログトップ >>初めての方はこちらから >>体験女性名簿 >>プロフィール
記事最下部の関連記事もぜひどうぞ!

●女性向けお勧めサイト更新情報(各サイトは登録時点で全て安全確認済みです)


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ